土間収納を快適に使えるようにするポイント 玄関の収納を考える 

玄関の収納、土間収納についての基礎知識をお教えします。基礎知識を持たずに家を建てると、入居後に不便を感じ後悔することにもなりかねません。ぜひこの記事をお読みいただき、後悔のない土間収納を間取りに組み込んでください。

玄関に土間収納を付けるメリット

玄関に収納を作ることを考える人が増えていますね。

今は玄関に収納を付けることは、以下に挙げたような様々なメリットがあるため一度は検討する項目になっているようです。

  1. 玄関に靴や傘などを置かないためすっきりとした玄関になる
  2. 床の上に置きたくない三輪車やベビーカーなどを収納することができる
  3. レインウエアを濡れたままかけておくことができる

玄関をすっきりさせたい。新築ですから誰もがそう考えます。そのために玄関に収納を付ける人が多いようです。

靴や傘が玄関にあると、少し煩わしく感じます。これらをすべて玄関に付けた収納部に入れてしまえば、すっきりとした玄関になることは間違いありません。

また、床の上に持ち込みたくないものはたくさんあります。ベビーカーや三輪車、アウトドアグッズなども玄関に玄関収納として収納部を付ければ入れられます。

私にとって大切なのは、レインウエアを掛ける場所を作ることでした。夫婦ともに自転車に乗って通勤していますが、雨の日に帰宅した時、濡れたレインウエアを置く場所に困っています。玄関に収納があれば、その中にレインウエアを塗れたまま収納できるのです。

玄関に土間収納を付ける時の注意点

玄関に収納を作るには、いくつかの注意点があります。

1)ドアは引き戸にする

開き戸だと開けた扉が邪魔になって、ベビーカーなどを入れる時は不便です。内側に開くようにすると扉の開くスペースは物が置けなくなって収納力が落ちます。手前に開ける場合、靴があると邪魔になります。

ただし扉を付ける壁は扉二枚分のスペースがないと引き戸にならないので、やむを得ず開き戸になってしまうこともあります。土間収納の機能を考えるのであれば、引き戸になるような間取りを考える必要があります。

シューズクローク注意点

 

2)人が入るスペースを考える

収納部の広さがないと、物を置いたら奥まで入れません。もし土間収納が狭いものになった場合、とても使いにくいものになります。奥に置いたものは手前の荷物が邪魔で取り出せないのです。

中が狭い土間収納では、できる限り中央に入り口を付けた方がいいでしょう。

シューズクローク入口

 

3)コンセントは付け忘れないように

収納したパワーアシスト自転車を充電するなど、コンセントが必要なことはあります。コンセントは絶対に付けておいた方がいいでしょう。

ただし奥に付けると物が置かれた場合、物が邪魔をして使えなくなります。入り口近くにコンセントは付けることが基本です。

シューズクロークコンセント

 

土間収納をやめて室外に物置という選択肢

玄関に土間収納を付けるのではなく、室外に物置を置くという選択肢もあります。家の床面積を減らして物置にすれば、コストを抑えることができます。

例えば玄関に収納を付けた場合、1坪のものを付けると二階の床面積も広がり2坪計算となります。坪単価65万とすると、2坪床面積が広くなることで130万も金額がアップします。室外に物置を置いた方がはるかに低コストです。

室内に玄関収納を付けた場合、防犯上安全でありますし、熱に弱いものも収納できますし、収納した物の取り出しが簡単にできるメリットはあります。そのメリットが、物置を設置した時との差額ほどの価値があるでしょうか? 室外に物置を置くという選択を、一度は考えたほうがいいと思います。

我が家では間取り上の問題で、土間収納を小さくすると二階の子供部屋も小さくなり、部屋としての機能が保てなくなるという理由がありました。また、間違いなく家の中に土間収納があった方が利便性がいいですし、室外の物置よりも防犯上でも安心できます。そんな理由で、我が家は土間収納を大きくしています。

土間収納まとめ

  • ここまでのことを簡単にまとめてみます。玄関収納のドアは引き戸にする。
  • 玄関収納は人が入ることを考えて大きさや入口の位置を決める。
  • 玄関収納には入り口付近にコンセントを付ける。
  • 靴を置かないスマートな玄関を目指すなら土間収納にする。
  • 玄関収納を考えるなら、室外に物置を置くことも考えてみる。

いろいろ選択肢があり難しいですが、間取りを検討している方は、費用や使い勝手を考えながら、ぜひベストな選択をして後悔のない家づくりをされてください。

なお、我が家の土間収納内部のレイアウトについて記事を書きました。よろしければご覧ください。

>> シューズクローク について考える 我が家のシューズクローク内部のレイアウト