オプションのテレビボードとパウモナのテレビボード

一条工務店で家を建てる場合、壁に取り付けるタイプの「壁面収納テレビボード」は、ほとんどの人がオプションのものを選ぶようです。

しかしパモウナという家具メーカーのテレビボードはそれを上回るクオリティーを持っており、検討する価値はあります。

新築時に取り付けるテレビボードについて考えたことをまとめてみました。

 

テレビボードの位置は変えることがあるか

私の家では最初に置いた位置からテレビを移動させる可能性があるか、考えてみました。テレビボードを壁に取り付けるタイプは当然位置を変えることができないのです。これを考えずに壁面収納のテレビボードは選べません。

私が契約したハウスメーカーの一条工務店では、壁面収納のテレビボードがオプションで付けられます。一条工務店のオプション品は、壁に固定ですから位置は絶対に変えられません。

私の家でテレビを置く位置は一ヶ所しかありません。他にテレビを移動するところがないのですから、テレビの位置を移動する可能性はかなり低そうです。固定式のテレビボードでも問題ないと判断しました。位置を変えないというよりも、間取り上変えられないのです。

一条工務店オプションのテレビボード

壁面収納のテレビボードが欲しいので、一条工務店オプションのテレビボードを付けることも考えました。実際に展示場で見ても仕上げも非常にきれいですし、壁面収納タイプなので収納力もあります。

しかし問題点が3つありました。

問題点①

装飾棚がありません。

現在住んでいるマンションにも実家にも、置物などの装飾品が多数あります。それらを飾るのは、現状ではテレビボードくらいしか場所がないのです。しかし一条工務店のオプション品には扉が透明になっているものがなく、装飾品を見せることができないのです。そこでテレビボードの横のスペースに、装飾棚を買ってきて置くことも考えました。しかしどうもしっくりした物がなく、統一感にも欠けます。

問題点②

一条工務店では壁にテレビを付けるためには、家の壁に補強が必要です。テレビボードのテレビの入る真ん中の部分はすべて何もなく、家の壁が直接見えています。その壁に壁補強しなければ壁付けにはできないのです。大型テレビは重量があるため、普通の壁補強では強度が足りません。

テレビ専用の特別に強い壁補強になるようです。かなり壁の中に厚い板を仕込むことになります。テレビを取り付ける壁が外壁の場合、断熱材をかなり削って補強します。そのため内壁でない限り、家の断熱性能が落ちてしまいます。

問題点③

他社の壁一面の壁面収納のテレビボードに比べると、上の部分が開いているため収納力が落ちます。高いところには物の出し入れが大変だと考える人もいるでしょう。しかし一階に収納スペースがあまりない私の家では、テレビボードの収納力がとても重要です。

 

以上の気になることがあったため、他社でいいテレビボードがないか探してみました。

パウモナのテレビボード

テレビボードについて調べてみると、一条工務店オプションのテレビボード以外にも、壁面収納のテレビボードがあります。その中でパウモナというメーカーのテレビボードを見つけました。

パモウナのCAならば、一条工務店のテレビボードよりも収納力が大幅に上がります。また扉を半透明のものに変更することもできるようです。

まずはパモウナの名古屋ショールームに行き、話を聞いてみることにしました。

パモウナというメーカー

私はパモウナのショールームに行ってみました。現物を見て判断したかったのです。

パモウナの名古屋ショールームは、名古屋駅の前にある大名古屋ビルジング10階にあります。

パモウナ名古屋ショールーム

とてもきれいなショールームです。

ここでテレビボードについて話を聞いてみました。

パモウナCAについて

パモウナCAというタイプのテレビボードが欲しかったのですが、ちょうどショールームにも展示してありました。

以下、説明していただいた中で魅力的なところを上げます。

  • パモウナのテレビボードは、テレビを収容する部分の奥には、厚い板が付けられています。そしてそこに壁掛け用の専用金具を取り付けられます。家の壁は無傷で壁掛けテレビにすることができます。壁補強する必要がなくなります。
  • テレビは少し引きだすことができます。これはどの取り付け金具でもできることですが、手前に引いて角度を付けると、正面からしかテレビが見えなかったのに、横方向からもテレビが見えるようになります。これができることも魅力です。
  • パソコンを置く台と椅子のセットになったものを付けられます。リビングにパソコンが使える場所が欲しい人にはぴったりです。
  • 透明ではありませんが、色の付いた樹脂ガラスの扉を選ぶことができます。
  • パモウナCAは壁に固定しません。床と天井で支えます。大変ですが移動させられないことはありません。
  • 高さや幅はオーダーメイド感覚で自由にサイズを決めることができます。

私にとっては壁補強することもなく壁掛けテレビにできることはとてもありがたいことでした。

壁の断熱性能を落としたくないので家の壁補強を諦めていました。その時点で壁掛けテレビにすることは無理だと思っていたのですが、パモウナCAを買えば壁掛けテレビが可能になるのですから。

見積を簡単に出してもらえる

機能の説明を一通り聞いたあと、見積もりを出してもらうことにしました。

テレビボードを設置する横幅と高さをタブレットに入力してもらいます。テレビの位置を決めて入れたい収納のパターン取り込むと、あっという間に見積金額が出ます。

その見積もりはプリントアウトして渡してもらえました。これを持って販売店に行けば、そこで値引きも含めた見積もりをもう一度してくれるようです。61万ほどの定価になってしまいびっくりしましたが、ネットで販売価格などを調べると値引きは当然あるようです。

また、ショールームの展示品はホワイトオーク色でしたが、私はパールホワイトを希望しました。すると色のサンプルをもらうことができました。

パモウナのカタログ

パモウナはインターネットで依頼すると、カタログがもらえます。3日で届きました。カタログを見ても定価のがわかりにくいと思います。

ショールームで定価の確認方法を聞きました。カタログのCAテレビボードのパーツが載っているページです。

パモウナカタログの見方

画像を見てください。パーツの下には、【 】内に数字が書いてあるのがわかるでしょうか。

例えば左側のパーツ見ると 【136】となっています。この136にゼロを二つ付けたものが定価です。つまりこの場合、13,600円ということになります。

「定価はあってないようなもの」という情報もありますので、あまり参考になるものではないかもしれません。

  • まとめテレビの位置を変えないのならば、壁面収納のテレビボードも考えてみる。
  • スペースをきっちり無駄なく使うなら、パウモナのテレビボードはお勧め。
  • パウモナのテレビボードはテレビボード自体にテレビを取り付けて壁掛けテレビにできる。
  • パウモナのテレビボードならどうしてもテレビの位置を移動させたいと考えた時は、移動させれられる。

私はパウモナのテレビボードを選びましたが、好みやスペースの関係でいろいろな選択肢が出てくると思います。

満足できるものを選べば、きっとリビングにいることが楽しい生活が待っています。

>> セカンド洗面台は必要 便利な二階の 洗面台