新築時に浴室について考えるべきポイント

私は一条工務店と契約して家を建てていますが、一条工務店のi-smartの 浴室 についてどのようなことを考えればいいのでしょうか。

浴室には付けられるオプションも少ないし、浴室の広さも1坪と1.25坪の二つのパターンしか選べませんので、検討する項目は少ないように考えられがちです。しかし真剣に考えると検討する項目や確認することは意外に多いです。

今回は私が浴室について検討したことを紹介させていただきます。

 

浴槽の種類

我が家はスマートバスにしましたが、半身浴タイプの浴槽も選べます。浴室については少しだけ悩みました。半身浴タイプの浴槽も悪くないと思っていたからです。半身浴タイプの浴槽を検討した理由は 「節水」 でした。

半身浴タイプの浴室は、座る部分が高くなっています。スマートバスと半身浴タイプの浴槽に同じ高さまで湯を張った場合、座る部分があるだけお湯の量が少なくて済むため節水になります。

浴室の大きさから考えて、半身浴タイプの浴槽ならば一人で入るには大きな問題はないでしょう。

お風呂の節水は、湯を沸かす電気代も節約できることになります。オプション料金が50,000円ですが、毎日のことですから意外に早く元が取れてしまいそうです。

しかし最終的には半身浴タイプの浴槽は選びませんでした。理由は今後子供ができた時、一緒に風呂に入ることになるはずです。その時に半身浴タイプだと、座る部分が浅くなってしまうので、そちら側に入った人は肩までお湯に浸かれないことになります。

家族で一緒にお風呂に入ることを考えると、半身浴タイプの浴槽ではなく標準のスクエアタイプがベストだと考えました。節約よりも快適性を選んだわけですね。

浴室の色

まず考えたのはいつまでもきれいに見える浴室です。汚れが目立ちにくい色を選びたいという意見で一致しました。私も妻も濃色系の色が好みで、それだけで選べば浴室はウッディ・ブラウン、浴室の色はブラックにしたいところでした。

しかし掃除のしやすさ(汚れの目立たなさ)を考え、浴室はウッディ・ナチュラル、浴槽はホワイトになりました。

浴室の窓高さについて

一条工務店i-smartの浴室では、2種類の高さ表記があります。+681と+950です。+681とは床からの窓下部の高さが650mmになり、+950は950mmということになります。

ここで注意しなければならないのは、床から681mmの窓は浴槽に入ったまま、窓の縁に物を置いたり取ったりできる高さですが、950mmの高さであると、浴槽に入ったまま物を置いたり取ったりすることはとても大変です。

一条工務店の外壁は分厚く、そこに物を置きたくなることは十分考えられます。物の取り置きしやすい窓枠にしたほうがいいと考え、私は+650を選択しました。

浴室の窓ガラス種類

ガラスの種類は、一条工務店の浴室はブラインド入りのペアガラスが一般的です。しかし断熱性能はトリプルガラスよりもかなり劣ります。

打ち合わせ初期の段階では、劣る性能のガラスは避けたい気持ちがあり、他の窓と同様の差リプルガラスを依頼していました。

しかしカスミガラスにしても外から見たら人のシルエットは見えてしまいます。我が家の浴室は道路に面しているため、それはとても気になります。その対策としてブラインドを浴室側に後付けしたら掃除が大変そうです。トリプルガラスを採用したうえで、外から完全に浴室内を見えなくするにはブラインドを付ける以外のいい方法が見つかりませんでした。(実際はある意見を提案したのですが、妻と一条工務店営業さんや設計士さんに反対されて却下となりました)

結局性能は劣るのですが、ブラインド入りペアガラスを採用することにしました。

浴室 窓の大きさについて

窓の種類は一枚ガラスのみのものと、窓が大きくガラスが二枚になるものがあります。昼間に外の光を浴びながら風呂に入るのを楽しみたいのなら、窓が大きくて光がたくさん入るほうがいいでしょう。ただし風呂に入るのは夜がほとんどであれば大きな窓でも小さな窓でもあまり関係はありません。

一条工務店の窓は高性能ですが、壁に比べたら格段に断熱性能は落ちます。窓が大きければ大きいほど、熱が外に逃げる量は増えます。上記の通り窓ガラスはブラインド入りペアガラスにしたので、他の窓に使われるトリプルガラスと比べると断熱性能はかなり落ちます。大きな窓にすると冬の入浴時に寒さを感じる可能性があり快適性が損なわれるため、窓は小さいほうが快適だと判断しました。

私は一枚ガラスの幅FK2042U+681を選択しました。

浴室 窓位置について

窓は浴室の左側に付け、開き方向は右開きにしました。

家の中は浴室でもその他の部屋でも、なるべく外から中を見られないようしたいものです。浴室の左側に窓をつけて右開きにしたら、窓を開けた時も開けた窓に遮られて中が見られにくくなります。

浴室の視線方向

図に書いてみると、同じ位置に窓をつけて開けた場合、右開きと左開きでは見られる範囲が圧倒的に左開きの方が多くなることがわかると思います。

浴室の窓を開けた時の見える範囲

家の中を見られにくくする窓位置を考えることは重要です。

浴室 換気扇の位置

換気扇は浴室の空気を入れ替えるものですが、窓を開けない限り、空気の入り口は浴室のドアからになります。すると空気のドアからなるべく離した位置に換気扇を付けたほうが、効率的な換気ができると考えました。

しかし一条工務店の浴室換気扇は天井に付けられており、設置位置の設定は中心しかないそうです。なるべく窓から換気扇の排気口を離したかったのですが、それは実現できませんでした。

浴室 洗濯物干し用ハンガーパイプの位置

一条工務店のi-smartでは、浴室に2本の洗濯物干し用ハンガーパイプが標準で付けられます。ハンガーパイプの位置は洗濯物を干す場合、壁に近すぎるとハンガーが壁に当たってしまいます。最低でも400mmは壁からの距離が欲しいです。

今のi-smartでは、パイプ位置は壁に近い方でも400mmは離れて付けられます。ハンガーは広いものでも幅は500mmありませんので、パイプと壁の距離が250mmあれば洗濯物が壁に当たることはありません。

もしこの距離が近すぎるようなら位置を変えてもらうように頼むつもりでしたが、その必要はないことがわかりました。

浴室 照明の色

照明は黄色系かクリアーな透明かで迷いました。浴室でくつろぐことを考えると、黄色系の色がいいとのことです。私たち夫婦はクリアーな電灯が好みで、玄関もトイレも白色系ばかりです。

落ち着いて入浴できるという黄色系の照明も魅力でした。しかし今ではいつでもスマートホンの時代で、入浴中にスマートホンを操作することもあるかもしれません。その時にスマートホンの画面がきれいに見られると考え、クリアーな白色系を選びました。

浴室 浴槽蓋

一条工務店i-smartの蓋は2種類用意されています。取手付きで断熱性能が少し劣る蓋と、取手なしで断熱性能が少し高い蓋です。

1人で住むのなら取っ手なしの断熱性能が高い物を選びますが、母と暮らすことになりますし、子供のことも考えなければなりません。迷わず取手付きの物を選ぶことになりました。

実際取手付きの蓋を採用した方の話を聞いてみましたが、冬の2~3時間程度では気になるほど浴室温度の低下はないとのことでした。

浴室 その他オプション

ミストサウナ、ジェットバス

あれば便利だし満足もするでしょうが、ミストサウナは172,000円、ジェットバスは198,100円です。このオプション料金は我が家には高すぎです。採用を検討することもありませんでした。

換気乾燥機

一般的には浴室乾燥機と言われるものですね。浴室を乾燥させるとカビ対策にもなりますし、あると便利なのはわかります。しかし作動時の電気代が心配なので、採用しませんでした。

浴室を乾燥させることは重要です。その方法については浴室乾燥機を使わないで行うことを考えました。またいつか記事にしたいと思います。

シャワーヘッドホルダー

シャワーのヘッドホルダーを上下に二つ付けるようにしてもらうことを考えていました。座って髪のシャンプーを洗い流す時と、立って体の石鹸を洗い流す時とでは、シャワーの高さは変わります。

一条工務店のシャワーヘッドホルダーは簡単に動かせるようになっているのですが、それでも毎回毎回ホルダーを動かすのも面倒です。そのため最初から上と下にホルダーを二つ点けることを考えていました。

しかしこれは今では標準で上下に二つ付くそうです。

シャワーレール追加

浴室のセンターにシャワーレールが付きます。シャワーヘッドホルダーが付けられていて、手摺代わりにもなります。

浴室は入り口から入って右側に浴室がありますが、シャワーレールは正面の壁のほぼセンターに付けられます。私はもう一つシャワーレールを正面の壁の左側に付けることにしました。

浴室のすぐ隣にシャワーレールがあると、浴室にシャワーが入ってしまうというネット記事を読んだことがありますが、それはないと思います。シャワーヘッドを洗い場の方に向ければいいだけですから。

シャワーレールを手摺代わりに使うとしても、一つあれば必要ない可能性が高いです。この追加はあまり意味のないものかもしれませんが、あると便利かもしれません。

少しでも気になったら何でもつけておこう、というのが私の基本的な考えですが、このシャワーレール追加についてはみなさんは慎重に考えたほうがいいかもしれません。

もちろん最終検討時には仕分けの対象になりました。しかし5.000円のオプションでしたから、そのまま仕分けせずに残しました。少なくともシャワーを浴びる時に、浴室に入らないよう気を使うことが減ることは間違いありませんので。

しかし気を付けなければいけないのは、無駄になるのはもちろんのこと、掃除の手間が増えることは考えなければいけません。浴室の掃除はただでさえ面倒ですが、このシャワーレールが付くことで掃除の手間が余計にかかることは間違いありません。

家に住み始めたら、付けてよかったのか、また掃除が面倒になったかどうかはしっかりレビューしたいと思います。

タオル掛け

タオル掛けをもう一つ追加で付けたかったです。しかし浴室のタオル掛けはオプションでも設定されていないようです。

親子折れ戸

折れ戸は掃除が面倒になります。今のマンションも浴室ドアは俺度ですが、折れる部分に汚れがたまって掃除が面倒なことは実感しています。検討するまでもなく採用しませんでした。

浴室まとめ

以上のように浴室ついて、いろいろ考えたことをまとめました。あまり人がこだわらないことばかりかもしれませんが、どなたかの参考になれば幸いです。

浴室のカビ防止のため、浴室を乾燥させることについて記事を書きました。

以下のリンク先に記事がありますので、よろしければご覧ください。

>> 【 浴室のカビ 】対策 浴室を乾燥させる自己流乾燥システム