小屋裏収納(屋根裏収納)は絶対に付けるべきです!

家の間取りを検討されている方。またはこれから家を建てようと考えている方。収納は足りていますか?

一条工務店には【 小屋裏収納 】という収納部屋が付けられます。これは絶対に付けるべきものですよ。

小屋裏収納とは、一般的には屋根裏収納と言われているものです。家を建てる当初から興味はありましたが付けるかどうか迷っていました。しかし収納に余裕が欲しかったため、付けることを決意しました。

決定できた大きな理由は、思っていたよりも価格設定が控えめだったことです。かかった費用の紹介と、小屋裏収納について考えたことをまとめてみました。

 

収納スペースに余裕がない

新居に持ち込む荷物を確認し、持ち物がすべて収納できることはわかっています。子供部屋を作ってありますが、まだ子供がいないのでしばらくは空き部屋です。そこに荷物を置くこともできます。

しかし将来的にはどうでしょうか。子供が部屋を使うようになると、そこに置いてある荷物は行き場を失います。また子供がいることで物はかなり増えることになるはずです。それを収納する場所が間違いなく足りなくなります。そのようなことから、収納スペースに余裕がなくなる可能性が高いのです。そのため小屋裏収納が必要という結論になりました。

小屋裏収納にかかる費用と屋外に物置を置くという選択肢

一条工務店i-smartの小屋裏収納は、3坪、6畳の広さで239,500円になります。シューズクロークを大きくして荷物を置くことにしたのですが、その時にも建坪を小さくして物置を室外に設置することを考えました。シューズクロークに関しては、その方が費用を抑えられることになるからです。

しかし利便性と防犯、そして耐久性を考え、小屋裏収納を付けてシューズクロークを大きくすることにして、外部に物置を置くことはやめました。シューズクロークは一坪あたり70万ほどかかってしまうのですが、今回の小屋裏収納は、それよりもはるかに安いです。

我が家で考えた小屋裏収納の坪数は3坪で、6畳ということになります。6畳の物置は、50万くらいしてしまいます。価格としては物置の価格に比べて小屋裏収納の費用は半分で済むことになります。

ただし注意しなければならないのは、小屋裏収納は部屋の高さが低いです。高さぎっちり収納するとなると、物置の2/3程度しか入らないと思われます。それでも物置の半額ですし、室内に収納できるのですから、物置よりも小屋裏収納を選択するのが最良です。

男ですから屋根裏って秘密基地みたいでちょっとわくわくするところがあるというのは、妻には内緒です。

6畳もの広い収納部屋が安価で付けられる小屋裏収納は、予算があれば絶対に付けたいものなのです。

小屋裏収納階段についての注意点

階段は二階廊下に付けることになりました。

オープンステアを上がってすぐのところに階段を付ければ、オープンステアから物を持って上がり、そのまま階段を引き出して小屋裏収納に持ち込めます。とても便利に感じました。

しかし一条工務店の設計士さんから、「もし小屋裏収納から降りる時に足を踏み外して落ちたら、場合によってはオープンステアからも続けて転がり落ちるかもしれない。一階まで落ちることになったら大変なので、階段の降りる方向を変えよう」と提案がありました。

確かに今のままでは小屋裏収納からの階段の降り口が、オープンステアとつながっています。1mくらいしか余裕がありません。私は安全には意外に無頓着ですが、使うのは私だけではありません。妻や子供、もしかしたら母も使うかもしれません。転がり落ちた場合、ただ小屋裏収納の階段から落ちた程度なら怪我で済みますが、その下の一階まで続けて落ちたら大怪我をするか、場合によっては死んでしまうかもしれません。

最初は利便性を考えて、オープンステアから上がったところに小屋裏収納の登り口があるようにしたかったのですが、安全を考えて登り口を子供部屋方向に変えました。

小屋裏収納の照明スイッチ

照明スイッチは廊下の階段の横に付けることにしました。階段を下ろしたら階段が邪魔になってスイッチが使いにくいことがないように、設計士さんにしっかり計算してもらい、使いやすい場所につけてもらうことにしました。

また、小屋裏収納は階段を収納してしまうと絶対に収納の様子は見ることができません。照明を消し忘れても気づくことはないでしょう。その対策として、スイッチはパイロットランプ付きの物にしてもらいました。

小屋裏収納に換気扇は必要か?

一条工務店i-smartでは、小屋裏収納にもオプションで換気扇が付けられます。しかし我が家では換気扇を付けませんでした。

理由は、実家にも屋根裏収納があり、真夏にそこに入るときは、短時間ならばそれほど我慢できると思ったからです。換気扇はなるべく付けないほうが家の気密性、断熱性を保てると考えているので、無理に付けることはしませんでした。

小屋裏収納に窓は付けられる?

一条工務店i-smartでは、小屋裏収納に窓を付けることはできます。ただし住んでいる地域の条例で、付けられないところがあるようです。我が家の地域は窓が付けられる地域でしたが、気密性も落ちますし、子供がやんちゃになって窓から出て、陸屋根部分に乗るようになったら危険です。特に必要ないと思ったため、窓を付けることはしませんでした。

小屋裏収納の欠点

小屋裏収納は利点ばかりではありません。欠点もあります。

欠点➀ 小屋裏収納内部の温度は高くなる

天井裏はやはり温度が上がるということです。温度が上がると衣類などにも悪影響があると、一般的には考えられています。しかし意外に影響はないかもしれません。

実家にも屋根裏収納がありますが、かれこれ10年以上も、しまいっぱなしになっている衣類があります。これを先日確認してみましたが、まったく問題ない状態でした。一条工務店の小屋裏収納は屋根に断熱材が入っており、実家の屋根裏収納よりも熱がこもらないと思っています。実家でも問題ないのですから、きっと我が家の小屋裏収納は、衣類を収納してもあまり大きな問題はないでしょう。

また同じ年数フォークギターが放り込まれたままになっていました。驚くことに何も問題なく今でも普通に使えたのです。屋根裏部屋に収納しても、意外に物は劣化しないのかもしれません。

欠点② 屋根が3.5寸になる

屋根の傾斜を付けないと、屋根裏のスペースはあまりできません。その場合、小屋裏収納の室内の高さが足りなくなってしまいます。3.5寸の屋根にしないと、小屋裏収は付けてもらえません。

一条工務店i-smart屋根の角度比較

3Dマイホームで、我が家を3.5寸の屋根と1.5寸の屋根の二つのデータを作り、3Dで表示させて比較しました。左が3.5寸屋根、右が1.5寸屋根です。

デザイン的にはi-smartは、普通の1.5寸の屋根の方が格好いいと私は考えます。3.5寸の屋根の方が、屋根が立ちすぎてバランスが悪く感じます。

しかし3.5寸の屋根には、メリットもあります。我が家では太陽光パネルを屋根に載せます。3.5寸の屋根にすると角度が急になり、太陽の光が当たりやすくなって発電効率がいいのです。

外観的な好みは3.5寸の屋根よりも1.5寸の方がいいのですが、機能的に考えたら3.5寸の屋根の方がたくさんの利点がありますから、今では3.5寸の屋根で満足しています。

小屋裏収納まとめ

以上、小屋裏収納を付けるために考えたことをまとめてみました。

一条工務店i-smartの小屋裏収納はかなり安価です。デメリットに上げたことについては、我が家ではみな納得できています。みなさんも予算に余裕があればぜひとも検討してみてください。

※小屋裏収納の使用感について記事を書きました。

よろしければご覧ください。

>> 小屋裏収納 これなしの生活は考えられません!!