照明スイッチ場所を絶対にミスしない検討方法があります!

照明スイッチの場所はしっかり検討していますか?

スイッチ場所を入居後に変更することは簡単なことではありません。入居後後悔しないためにも、絶対にスイッチ位置を間違えない検討方法がありますので紹介します。

一条工務店の設計士さんはしっかりした方が多いですから、何も言わなくてもしっかり動線を考えて場所を決めてくれるでしょう。一条工務店などのハウスメーカーではなく、地元工務店に頼んでもスイッチ位置は使いやすいように配置してくれるはずです。しかし実は照明スイッチの場所を決めるのは、決して簡単ではなくなかなか難しいことが、実際に家を建てるために検討することでよくわかりました。人により好みもありますので、信頼している設計士さんでも、すべてを任せるのも不安です。

そこで照明スイッチの場所を、絶対に失敗しないように考えました。ちょっと特殊なやり方ですが、同じやり方をすれば絶対に照明スイッチの場所は失敗することがないはずです。

 

夜に暗い部屋の中で照明スイッチを探すことのないように

暗闇でスイッチを探すことは避けたいものです。これは誰でも考える一般的なことですね。照明スイッチについて最も気を付けなければいけないことは、暗い部屋の中を歩いてスイッチのところまで行かなければならないという事態を避けることです。当たり前だと思いがちですが、意外にスイッチの設置場所に失敗して、後から後悔することがあるのです。

照明を付ける場合のスイッチ配置は誰でも考えると思いますが、スイッチを消してその部屋を出ることは、うっかりすると考えが及ばないことがあります。

夜、洗面所から二階に行く場合です。

洗面所から階段へ行く

 

すべてが手動スイッチの場合、下図の通り6つのスイッチが必須となります。

必要な照明スイッチ位置

 

照明を点けることだけ意識すると、6番の「ダイニングの照明を消す」というスイッチを忘れてしまうかもしれません。付け忘れた場合は、暗闇の中を➂の位置まで戻って照明を消し、暗闇の中を歩いて玄関まで行かなければなりません。

また明るいうちに風呂に入って、入っているうちに暗くなったらリビングやダイニングの照明が付いていません。洗面所出口付近にリビングもしくはダイニングの照明スイッチがないと困ります。

このようにいろいろなパターンをすべて想定して、照明のスイッチ位置は決めなければなりません。これは基本中の基本と思われがちですが、実は細かな動きを考えると、先に上げた例のように、暗闇の中スイッチを探して歩くことはあり得そうでした。

そんなミスはしないと誰でも思いがちですが、それでも検討忘れが出る可能性があります。入居してから「しまった。スイッチの位置が悪い」と気付くよりも、充分検討したいものです。

しかしさんざん検討しても、検討忘れがあるかどうかはわかりにくいです。私はその対策として、私は非効率的ですが場当たり確認方法を取りました。パソコンでありとあらゆる動きを作り、照明のオンオフが絶対にできることを確認しました。

洗面所からの各部屋へ行くルート

画像は浴室からの動線だけですが、実際は一階で全部で36通りの動線を実際に矢印を入れて確認しました。上図説明用に一つの画像に八つの動線が書かれていますが、実際は下図のように一つのデータに一つだけの動線を入れて確認しています。

洗面所から二階へ行くルート

 

絶対に失敗しないように、「このルートは検討忘れなど絶対に出ない」というパターンもすべて入れました。洋室からトイレに行く同線などは、隣の部屋に移動するだけなので検討忘れが出そうもないです。それでも実際に動線を書いてスイッチ位置を検討しました。

その結果、以下の画像の通りのスイッチ配置が出来上がりました。このデータを一条工務店の設計士さんに渡し、この通りスイッチを取り付けるようお願いしました。

照明スイッチ位置図

 

LDKの照明スイッチ区分け

一条工務店の設計士さんが考えてくれたのは、ダイニングとリビングの照明は同じスイッチで行うというものです。しかし現在住んでいるマンションでは、ダイニングとリビングは照明の区分がわかれていて、家族もこまめに使わない照明を消しています。家族で話し合い、マンションと同じくダイニングとリビングの照明は別系統にすることにしました。

ただしこれをやるとますますスイッチの位置について検討が必要になります。当然のことながらスイッチの数は増えます。

一ケ所のスイッチ取り付け代金は説明を受けていないのでわからないですが、おそらく省エネと言って照明を消しても、その省エネ分でスイッチ代金を稼ぐのは難しいでしょう。しかし私たち家族の好みで、スイッチの数も増えて複雑なオンオフをすることになっても、LDKはすべて別々のスイッチで照明が点灯するようにしました。

階段の照明スイッチはセンサースイッチ?

階段を上る時、重いものを両手に持っていることがあり、スイッチを入れるのに苦労した経験があります。そのことを考えて、最初は階段の照明はセンサースイッチを採用することを考えました。

しかし一条工務店の設計士さんから、センサースイッチにした場合、母が年老いて足が弱くなり、ゆっくり階段を上り下りした場合は途中で明かりが消えてしまうかもしれないので危険だとアドバイスをいただきました。

また一階は玄関に階段が付けられています。ボックス階段ならば階段は両側が壁で囲まれていますから、階段の中に光は入りにくいです。しかしオープン階段なので、玄関の照明が付いてしまうと、階段は相当明るいでしょう。この場合、明るすぎて階段に取り付けたセンサーが作動しない可能性があります。

明るいから階段の明かりがつかないまま登っていき、途中で玄関の照明が消えた場合、階段の途中で真っ暗になってしまいます。つまり階段をセンサースイッチにすると、途中で真っ暗になってしまう可能性があるのです。これはとても危険です。

以上のことから、階段のスイッチは、手動スイッチにすることがベストと判断しました。

照明スイッチまとめ

照明スイッチの検討がしっかりできなくて、入居後に使いにくさに気づいても、修正することはほぼ不可能です。

絶対に大丈夫だと自信を持って言えるよう、皆さんも自分でiしっかり検討されることをお薦めします。

>> 【コンセント】の位置 絶対にコンセントの位置を失敗しないための確認方法