検討忘れ防止のための【 検討書】作成のすすめ 新築打ち合わせ

家を建てる時、設備やオプション追加などの項目をしっかり検討せずに決めてしまい、後で後悔することがあります。

家という高価な買い物をするのですから、隅々まで間取りや設備について検討し、満足のいく家を建てたいですね。

私は一条工務店のi-smartで家を建てましたが、満足いく家を建てるために行った秘訣を紹介します。

間取りの打ち合わせが終わった後

家を建てるためにハウスメーカー等の業者と打ち合わせるには、まず最初におおよその間取りを決めます。

こちらの要望がなかなか間取り図面に反映されないことも多く、間取りが決まるまでに疲れてしまうことも多いようです。そのため、間取りが決まると家の打ち合わせはほとんど終わってしまったと考える人もいます。

しかし快適な新居を作るためには、ここからが大切です。設備などの取り決めは、入居後の住みやすさに直結する、とても大切なものなのです。

壁紙はどれも同じと思うかもしれませんが、耐久性の違いがあります。インターホンも高価なものを付けると、たくさんの便利な機能が付いています。検討せずにあっさり設備などを決めてしまうと、とてももったいないですし後で後悔することになるかもしれません。

設備などをしっかり検討することはとても重要なのです。

打ち合わせの時に提示する検討データの作成

私はエクセルで部屋ごとに、検討すべき項目をすべて並べました。それに対して自分の希望などを書き込みました。

打ち合わせの最後にそれを渡し、次の打ち合わせまでに設計士さんがその内容を図面に反映できるか検討してくれます。

一条工務店i-smart打ち合わせ検討書

上記画像が実際に使った検討データです。検討内容は恥ずかしいので伏せさせていただきました。

データの作成方法

まず最初に、バルコニーや外構、廊下などを省いた各部屋で、共通の検討項目を上げました。窓ガラスの種類とか、ドアの種類などです。それらはすべて必ず部屋ごとに検討して、自分なりの考えを書き込んでおきます。念のため私の使った共通項目を紹介しておきます。

  • ロスガード給気口位置
  • リモコンニッチ位置(取り付けた場合)
  • 床暖房配管
  • 床の材質
  • ホスクリーン位置(取り付けた場合)
  • 窓の種類
  • 窓の位置
  • 防音施行
  • ピクチャーレール位置(取り付けた場合)
  • ハニカムシェード種類
  • ハニカムシェード駆動方式
  • ハニカムシェード紐位置
  • ナノイー位置(取り付けた場合)
  • 天井補強位置(取り付けた場合)
  • 照明種類
  • 照明位置
  • 照明スイッチ種類
  • 照明スイッチ位置
  • 収納種類
  • コンセント位置
  • 壁補強位置(取り付けた場合)
  • 壁紙種類
  • エコカラット位置(取り付けた場合)
  • エコカラット種類(取り付けた場合)
  • エアコン室内機位置
  • ドアの種類
  • ドアの防音

さらにこれに各部屋個別の検討項目が加わります。キッチンならばキッチンの種類とかカップボードの種類などが加わるわけです。

部屋ごとの検討項目は、打ち合わせ1回目に渡された仕様確認ノートを中心に考えます。仕様確認シートに乗っている項目は、すべて検討項目に追加していきます。

オプションにあるものもすべて、採用すかどうかを検討書に追加します。

さらに、ネットで情報を集めて自分なりに取捨選択していきます。

この結果、最終的に全部で680の検討項目が検討書に並ぶことになりました。

打ち合わせ検討書

このようにデータにまとめると、検討忘れが少なくなるのです。

例えばキッチンの高さですが、検討項目に「キッチンの高さ」があると、我が家の考えをまとめて検討内容欄を埋めなければいけません。そのためインターネットで情報を集めます。キッチンの高さについては、妻の身長だと85cmがベストのようです。しかしネット上には高すぎて使いにくいという意見がなく、逆にベストと言われた高さを選択したら腰が痛くなったという話がありました。

そこで今住んでいるマンションの80cmであるキッチンの高さを、物を置いて90cmの高さまで上げて、妻に料理してもらいました。まったく問題ないどころか、その方が使いやすいとのことでした。

キッチントップの高さを決めるのは、一条工務店の展示場で、実際のキッチンを使って確認させてもらえると思います。しかし確認するのは一瞬ですし、実際に料理をするわけではありません。やはり使ってみないとわからないことがあるのです。

このように事前に自分でしっかりと確認するきっかけとなるため、検討資料作成はとても有益だと思っています。

ただしここまでやることは大変なので、重要な項目だけを集めるだけでも効果はあると思います。仕様確認シートを見て、興味のある項目だけをピックアップして検討するだけでも、入居後に満足できる家になると思います。

自分の使える時間内で、できる限り設備や取り付けの配置などを検討してみることが大切です。

打ち合わせ時の注意点

検討資料を作成して、メールでデータを送ることで、打ち合わせ時間の短縮になると考えていました。しかし実際は、検討データすべてが次の打ち合わせまでに図面に反映されているわけではなかったです。依頼したことが一条工務店側で行われなかったことになりますが、これは私は仕方がないことだと思っています。

客は私だけではありません。担当設計士さんは相当スケジュールも忙しいと聞いています。今までに600棟の設計をしてきたと言いますから、大変な仕事の量だったのでしょう。そんな方に600を超える依頼の入ったデータを送られても、すべて確認して次の打ち合わせまでに処理することは難しかったのだと思います。

プロだからやって当たり前との考えもあるかもしれません。しかし私は最終的に自分の依頼した項目がすべて一条工務店の設計士さんと検討できて納得できる結論が出れば、途中の打ち合わせはどうでもいいと思っていました。依頼項目を忘れられていたことはそこそこにありましたが、我が家の依頼項目が多すぎますから仕方ありません。

「言ったことができてない!!」と怒りの気持ちはまったく沸きませんでしたが、これもそこまでの付き合いでお互いを信用で来ていたからなんだと思います。

まとめ

今回の打ち合わせについての記事は、検討忘れがないように打ち合わせをすること中心で書きました。徹底的に細部まで検討したため、本当に疲れてしまいました。しかしそのかいあって、最終打ち合わせを終えて1ヶ月になりますが、いまだに「あそこをこうすればよかった」と考えることがありません。

打ち合わせはものすごく疲れて、最後の方はへとへとになる方もいると思います。最後まで気持ちを切らさず、細かなところまで検討することで満足できる家が手に入るはずです。

皆さんもぜひいい打ち合わせをして、素晴らしい家を建ててくださいね。

>> 新築 ハウスメーカーとの打ち合わせ注意点 間取りの 打ち合わせ が終わったあとが勝負