キッチンのベストな選択は? 一条工務店i-smart

一条工務店では キッチン は3種類選べます。

ワイドカウンター、ステップカウンター、スリムカウンターです。我が家はその中でステップカウンターを選びました。

今回はステップカウンターを私が選んだポイントなどについて紹介します。

一条工務店で選べるキッチン

ワイドカウンター

キッチントップ(天板)がフラットな一枚板になっているキッチンです。

食材や皿などを置くスペースが広く取れるので、大勢の家族でたくさんの料理を作る必要がある家庭に適しています。

キッチンの反対側にはカウンター席もあり、2人が並んで座れます。しかしキッチントップの高さそのままのカウンター席なので、800mm~900mmの高さになります。

一般的なダイニングテーブルは700mmほどの高さのため、100mm以上高い席になります。そのためカウンター専用の椅子が必須となります。

一条工務店i-smartワイドカウンター

ステップカウンター

キッチンの約1/3がカウンターになっています。

調理側の反対にカウンター席が付いています。2人が並んで座れます。

カウンターの高さは900mmのキッチントップを採用した場合、700mmとなり、一般的なダイニングテーブルと同等の高さになります。

キッチンのカウンターを使う時だけ、ダイニングテーブルの椅子を持ってきて使用することができるので便利です。

ステップカンウターのカウンター高さならば、子供の勉強机の代わりにもなります。

一条工務店i-smartステップカウンター

スリムカウンター

奥行き700mmのキッチントップのみで、カウンターがありません。そのため他のキッチンよりもコンパクトになっています。

LDKを広く取れない間取りになった場合は、コンパクトなキッチンが求められるためスリムカウンターを採用することも多いようです。

700mmの奥行きがあれば、普通に料理を作るくらいならばスペースが狭くて困ることはないでしょう。

一条工務店i-smartスリムカウンター

我が家のキッチン選択

我が家のキッチンは先に書いた通りステップカウンターを採用しました。

なぜステップカウンターを採用したのかこれから説明していきます。

LDKの広さ

まず最初にLDKの広さを考え、省スペースになるスリムカウンターを採用しなければならないのか、それとも大きなスペースを取るワイドカウンターやステップカンウターを採用できるのか、しっかり考える必要があります。

我が家のLDKは、そこそこの広さです。間取りの打ち合わせで担当の設計士さんや営業さんのアドバイスを受けて、ステップカウンターを採用しても、ダイニングやリビングが狭くなりすぎないと判断しました。

また、パソコンソフトの3Dマイホームデザイナーを持っているので、自分の間取りを作って、ソファーやテーブルなどが無理なく配置できることも確認しています。

広さの考察

ワイドカウンターはキッチンの奥行きが1030mmあります。料理中に物を置くのに、奥行きがあると便利だと考える人もいるでしょう。しかし1030mmの奥行きがあっても、奥の位置に皿などは置きにくくてあまり意味がないと考えました。

一条工務店i-smartワイドカウンター広さ

ステップカンウターのシンクやクッキングヒーターと同じ高さの奥行き、つまり料理の時に使える部分の奥行きは、700mmです。

700mmはかなり広いです。

一条工務店i-smartステップカウンター広さ

レンジとシンクの間は、幅が580mmあります。この幅があれば、調理前の食材を置くこともできます。700mm×580mmですから、かなり広いスペースです。

もしそのスペースに置けなくなった場合は、我が家ではカップボードを設置してあり、そこに置くことができます。そのためワイドカウンターを採用する必要はないと考えました。

カウンターの高さについて

先ほど書いたとおり、子供が小さいうちは、キッチンのカウンターを勉強机代わりに使わせようと考えています。ワイドカウンターになると椅子が高くなり、子供が座りにくいです。

また椅子もワイドカウンター用の高いものと、ダイニング用の物と2つ必要になります。

我が家ではカウンター用とダイニング用の椅子を共通で使いたいので、ワイドカウンターは適さないと考えました。

コンセントについての考察

ステップカウンターには段差部分にコンセントが付いています。

一条工務店i-smartステップカウンターコンセント

この位置が結構重要なのです。ワイドカウンターはカウンターの端にコンセントが付いて、キッチン側からは絶対に抜き差しできません。しかしステップカウンターはコンセントに手が届くのです。

電気機器を使って調理する場合など、キッチン側からコンセントの抜き差しができることは重要です。これもステップカウンターを選んだ理由です。

キッズカウンターは?

一条工務店のi-smartで選べるキッチンは3種類と書きました。

しかし本当は、もう一つ選べるキッチンがあります。

キッズカウンターというキッチンが用意されているのです。

キッズカウンターは特殊なキッチンで、子供が勉強することに特化したものです。そのような特異性から、採用される方は少ないようです。

ステップカンウターを選んだ理由が、子供の勉強机代わりに使いたいというものでした。そのためキッズカウンターも一つの選択肢ではありました。

しかし我が家のキッチンはダイニングからもリビングから丸見えです。キッズカウンターは子供の勉強机代わりには適していますが、ややスマートさに欠けます。

悩みましたが、キッズカウンターよりは、おしゃれなステップカウンターがいいと判断しました。

キッチンまとめ

以上、キッチンの選択やキッチンスペースについて書かせていただきました。

まだ入居前なので、これらの選択が正しかったのかわかりません。しかしできる限りの情報を集め、実際に確かめながら各項目を選んでいきました。入居後にキッチンの使用感などをレビューさせていただきますので、その時はまたお付き合いください。

【追記】

入居後にキッチンの使い勝手についての記事を書きました。よろしければご覧ください。

一条工務店i-smartのキッチンに大満足 ステップカウンターは最高

なお、キッチンの高さについての記事も書いています。

https://www.runtomo.info/2018/09/15/kittintop%ef%bc%86space/