サンゲツ クロス(壁紙)は【スーパー耐久性】を選ぶべき4つの理由

新築して家を建てるとき、クロス(壁紙)は必ず貼ることになりますね。

サンゲツのクロスを貼る場合、少し高価になりますが【スーパー耐久性】という種類のものがあり、これを選ぶのがベストです。

スーパー耐久性を選んだ場合の利点を紹介します。

 

一条工務店標準クロス

一条工務店オリジナルのクロスIC-0056はサンプルを見た限り、かなり柔らかくて耐久性はあまりなさそうな印象でした。

我が家では現在住んでいる賃貸マンションのクロスはとても弱く、ほんの少し何かをぶつけただけですぐに剥がれてしまいます。

破れたクロス

新築で同様のことが起きるは嫌だったので、壁紙については耐久性のいいものを貼りたいと考えました。

耐久性の高いクロス(壁紙)を貼りたい

いろいろ話し合った結果、耐久性の高い「サンゲツクロス【スーパー耐久性】 FE-1607」を一階のホールとシューズクローク以外のすべての部屋に採用することにしました。

サンゲツクロス 【スーパー耐久性】を選ぶ4つの理由

サンゲツクロス【スーパー高耐久】の製品は、どこが優れているのでしょうか?

1)耐久性が高く張り替え時期が長くなる

スーパー高耐久と謳っていますから、どの程度普通のものと違うのかサンゲツさんに電話で確認しました。

サンゲツさんの回答は、「人それぞれで使い方が違うので、現在では何倍の耐久性があるなどと数値化していません」というものでした。

紫外線にまったくさらされない環境で3倍耐久性を誇ったとしても、紫外線にされされる環境では2倍になるのかもしれません。しかも紫外線にさらさせる量によっても変わるでしょう。使い方で変わるので、はっきり回答できないということは納得できます。

耐久性の高いクロスを張り替えるまでの一般的な時間と、耐久の高くない物の張り替えるまでの時間を比較したかったのですが、それはできませんでした。

我が家では一階のほとんどの壁をサンゲツクロス高耐久の物にしても84,000円でした。

メーカーから耐年数の情報をもらえなかったので正しく計算はできません。しかし張り替え時期を延ばせることは間違いないですから、84,000円くらいの金額なら将来的には充分に元が取れると判断しています。

2)子供の落書きにも安心

クレヨン等で子供が落書きをすることはあり得ることです。

サンゲツクロススーパー耐久性は、表面に特殊なコーティングがしてあり、中に液体が染み込みにくくなっています。

普通のクロスならばクレヨンが壁紙に染み込んでしまい、いくら拭いても完全にはきれいになりません。

サンゲツさんに確認しましたが、EF-1607ならば、子供に落書きされてもすぐに拭き取れば、クレヨンが壁紙に残ってしまうことはないそうです。LDKだけではなく一階ほとんどの壁にこのクロスを採用したのも、子供のいたずらに対応したいためです。

子供のいたずらのたびにクロスを補修していたら費用もかさんでしまいますから、高耐久の物を最初から貼っておいた方がいいと思います。

3)ペットのひっかきにも耐性あり

我が家では今のところ室内でペットを飼う予定はありませんが、室内で犬や猫などのペットを飼われている方にも、サンゲツクロス「スーパー耐久性」がおすすめです。

表面に「エバール®フィルム」加工がしてあり、ひっかき傷に対する耐久性がかなり高いです。

詳しくはサンゲツさんのサイトでご確認ください。

>> 外部リンク サンゲツクロススーパー耐久性[ペット対応]

4)臭いが付きにくい

「スーパー耐久性」は表面に特殊コーティングの「エバール®フィルム」加工がしてあります。水が染み込みにくい素材であるということは、普通のクロスよりも臭いも入り込みません。

魚を焼いた時などの臭いが、いつまでも部屋に残るのは、ソファーなどの家具に臭いが染み込むだけでなく、クロスにも染み込んでいるためです。

クロスを「スーパー耐久性」にすることで壁紙に臭いが残ることを抑える効果もあるのです。これはなかなか気付きにくいことですが、それでも結構大切なポイントだと思っています。

魚を焼いた臭いがすぐに消えて欲しいですから。

クロス(壁紙)についてのまとめ

高い方がいいものであることは間違いないのですが、なかなかクロスにお金をかける気にならない方も多いようです。

細かなところに少しずつお金をかけてしまうと、最後には大変な金額になってしまいます。例えばコンセントはすべての壁に付けるとか、できる限り照明スイッチはセンサースイッチにするとか、すべての壁に補強を入れるとか・・・。

考えれば少しでもいい家にしようと思うとお金をかけるところはいくらでもできてしまいます。

「そりゃなんだっていいものが欲しいけど、お金が!」という方も多いと思います。もちろん私たち家族も同様です。ただし私たち夫婦は、これから徹底的に節約していくことを誓い合っています。「外食は極力抑える」などですね。欲しいものを買わないとか、行きたいところに行かないというわけではありません。無駄を徹底的に省いていくつもりです。

そしてわが家族が考えているとても大切なことがあります。「今はお金がかかって大変だけど、長い目で見たら安くなった」と考えることをコンセプトに家を作るということです。

屋根のメンテナンスが嫌だから太陽光パネルを載せたとか、外に物置を置くと錆などの劣化でいつか取り換える必要が出てくるから土間収納を大きくしたとかですね。

クロスだって張り替え時期を延ばすことができたり、子供のいたずらなどで損傷して張り替える費用を抑えられたりすることになれば、結果的には安くなると考えています。

新築を考えられている方で、小さなお子さんがみえる方、これから子供を作ろうと考えている方。またはペットを室内で飼われている方。そんな方にはクロスは高耐久の物を選んでおくと、結果的に安くすむかもしれません。

まだ我が家は基礎工事が始まったばかりで入居できていません。入居後にはクレヨンで壁紙に落書きして、本当にきれいにふき取ることができるのか試してみたいと思います。