【 北側道路の土地 】は悪くない 買うべき理由を説明します

北側道路の土地について、それだけで購入対象から外してしまうことはないでしょうか?

ほとんどの方が南側道路の土地を希望しますが、北側道路の土地は全くダメな土地なのでしょうか?

北側道路の土地は南側道路の土地と比べても、考え方ひとつでデメリットをあまり感じることがなくなります。

北側道路の土地のデメリットについて、考えてみました。

北側道路の土地のデメリットは何か

北側道路の土地の場合、何がデメリットになるのでしょうか?

デメリットを上げてみます。

  1. 隣の家に遮られて部屋が暗くなる。
  2. 隣の家に遮られて日光が入らず、冬に寒い。
  3. 隣の家のかげになり庭に日が当たりにくく、庭でのガーデニングがしにくい。
  4. 庭に日が当たりにくくなり、じめじめした状態になる。

このようにデメリットを上げてみると日当たりについてのデメリットばかりです。

大きな土地であれば南側の家との距離を十分に取れますから、これらのデメリットは何一つなくなります。

時々インターネットでも北側道路の土地でも問題ないと発言されている方を見かけますが、土地がとても大きくて日当たりがいい家に住んでいることが多いので注意が必要です。

大きな土地であれば、北側道路の土地でも問題ないことは間違いありません。

北側道路の土地の日当たり問題を考える

これからは北側道路で大きな土地でない場合の、日当たりの問題を考えます。

一階の暗さについて考える

日当たりについては、「暗い」ことと「寒い」ことが大きな問題となります。これを解消できれば、北側道路の土地でも問題ないことになります。

まずは家の中が暗くなる問題ですが、これは問題だと考える人もいれば、あまり問題だと思わない人もいるでしょう。

照明をつければいいと簡単に割り切れる人は、暗さは気にならないかもしれませんね。

夫婦共働きで夜に帰ってくる生活のため、平日は部屋に照明をつけるのが当たり前になってい人がいましたが、そんな人は南側の家とくっついていてもあまり気にしないそうです。

また、私の知り合いの話ですが、最初は家に日が当たりにくいことも気になったようです。しかし1年もすれば慣れてしまい、まったく気にならなくなったと言っていました。

また二階にリビングを持ってくることで、くつろぐ空間に光が入り込むように工夫できます。

一階の寒さについて考える

これは家の性能に大きくかかわってくる問題です。冬に日差しを取り込んで暖かくするという発想は、今後は少なくなってくると考えます。窓ガラスの性能が上がることが予想され、暖かさを取り込むことができなくなるようになっていくからです。

冬に窓から日の光を取り込んでポカポカ陽気の気分を味わうというのが一般的な考えですね。その考えしかない場合、冬に窓から暖かさを取り込まないと聞いたら、かなり違和感を持つのではないでしょうか。

しかしこれからは建てられる家は、冬に窓から暖かさを取り込むことがなくなる可能性はかなり高いのです。新築時に取り付けられる窓は、熱が入って来ない代わりに熱も出ていかないという高性能のものが増えているのです。その場合冬に窓から暖かさを取り込むという考え方はなくなります。

断熱性能がいい窓の場合、冬の日差しを取り込んで暖かくしたくても、暖かさはそれほど取り込めません。

これは本当のことです。確認する方法もあります。冬季に高性能を謳っている一条工務店の展示場に行き、昼間に日当たりのいい窓から入る日差しが暖かいか確かめてください。暖かさは思ったよりも感じられないはずです。熱を逃がさない代わりに熱も入り込まない高性能の窓ガラスが使われているからです。

2020年には建築物省エネ法が本格的に運用され、一般住宅の断熱性能も高めなければならなくなります。現在新築でも普通に使われている断熱性能の低い窓ガラスも、大幅に性能を上げていかなければなりません。

そうなれば日差しが入らず冬に寒いという考えはなくなる可能性が高いです。現在も高性能な窓ガラスを使った家を建てられる方は、日当たりによる寒さについて考える必要はあまりないと考えます。

庭に光が当たらない問題を考える

ガーデニングをしたい方は、庭に光が当たりにくいことは致命的ですね。野菜を作っても日当たりは出来栄えに大きく影響します。これについては対策はありません。

ただしじめじめしないように考えることはできます。水はけを良くすることで、じめじめした庭を改善できるのです。地中に穴を掘って大きめの石を詰め、降った雨が地中に染み込むようにするなどの工事をすることで、早く庭が乾くように工夫できます。外構業者に相談すれば土地に合ったプランを出してくれます。

私の家も外構業者にそのプランをすすめられており、採用する方向で考えています。

 

北側道路の土地についてのまとめ

以上、いろいろ取り留めもなく書いてしまいましたので、全体をまとめます。

  • 北側道路は日当たりが悪くなり、「暗くなること」「寒くなること」の二つが大きなデメリットとなる。
  • このデメリットも土地が大きければ問題ない。
  • 「暗くなること」は、二階にリビングを持ってくることで対応できるし、慣れてしまえば気にならない人も多い。
  • 「寒くなること」は高性能な窓ガラスの住宅には当てはまらない。

このように考えると、デメリットも場合によってはあまり感じられなくなりますね。

逆に北側道路の土地にはメリットもあります。

  • 北道路の土地にもメリットはあります。玄関が北側だと南側に玄関がないので南側にたくさん部屋を持てる。
  • 南側にリビングを付けると道路の反対になるので通行人から見えない。
  • 紫外線が入りにくいので家具が長持ちする。(紫外線の入らない窓なら関係なし)
  • 南道路の家は洗濯物を干すと道路から見えておしゃれな家でも格好悪いが北道路の家は洗濯物を干しても通行人には見えない。
  • 土地が南道路よりも安い!!

上げたメリットの中では、特に土地が安いことが最も魅力的ですね。意外にデメリットの少ない北側道路の土地ですから、安い物件があったら検討するといいかもしれません。

自分の希望と土地の大きさ、そして建てる住宅をしっかり考えれば、北道路の土地を購入するべきか答えは出ると思います。

土地を選ぶ時の注意点についても記事を書いています。よろしければ下記リンクにてご覧ください。

>> 土地探しの注意点 土地探し についての経験を紹介します!!