フロアコーティング わかりやすい【エコプロコート】と【森のしずく」比較記事 

「エコプロコート」と「森のしずく」の二社は、フロアコーティング業者の中でも高い人気があります。

この二社の商品について、どちらが自分に合っているのか知りたい方のために、頂いたサンプル品でテストを行った結果を記事にしました。

フロアコーティングサンプルを使ったテスト

家の建築が始まって大工工事がほぼ終了する今、フロアコーティングの業者について調べてみました。一条工務店で家を建てた方の間では、エコプロコートが人気のようです。しかし調べていくと、エコプロコート以外にもフロアコーティングの業者はたくさんあることを知りました。そしてエコプロコートにこだわらず、多くの業者の中から一番いいと思うところを選ぶことにしました。

エコプロコートは確かに良さそうです。そしてエコプロコート以外にも「森のしずく」という評判の良い業者があることを知りました。この2社のうちのどちらかにフロアコーティングをしてもらうことがベストという結論に達しました。比較検討するため、エコプロコートと森のしずくに見積もりを出してもらい、サンプルを送っていただくことになりました。

衝撃テスト

エコプロコートはUVコーティングです。石油系のコーティングで、割れについてはあまり心配する必要はなさそうです。

森のしずくのナノピークスは、ガラスコーティングと言われる施工です。ガラスコーティングはと言っても、もちろんガラスを使っているわけではありません。森のしずくのHPでは、ナノスケールにまで微粒子化したケイ素成分が特徴のガラスフロアコーティングであると紹介されています。

森のしずくの主力商品であるナノピークスの一番の懸念事項は、ガラスコーティングなので割れやすいのではないか、ということです。名前を聞けばガラスだから割れやすいような印象があります。実際インターネットの情報では、UVコーティングよりもガラスコーティングのほうが割れやすいことは間違いないようです。ただしガラスコーティングでも材質が各社で違っていて、森のしずくでは細かな粒子でコーティングすることで、割れを抑えられると紹介されています。その割れにくさは、エコプロコートのUVコーティングと比べてどうなのか、確かめてみました。

テスト方法は、衝撃加えて割れ状態を確認する単純なものです。216gの重さのラチェットを、1mの高さからサンプルに落としてみました。

 

このテストでは、まったくの同条件で行うことが不可能でした。それはエコプロコートとエコプロコート0に比べて、ナノピークスとナノグラスコートは板の厚さがかなり薄いのです。

ナノピークスとエコプロコートの比較画像です。厚みはエコプロコートのほうが3倍ほど厚いです。今回行った衝撃テストは、同条件ではないことを前提で読んでいただけたら幸いです。

 

エコプロコート 1m

母材が割れた部分はもちろんコーティングも割れますが、これはコーティングが弱いという判断にはなりません。それ以外の部分には割れはありません。コーティングは割れなかったという判断をします。

 

エコプロコート0 1m

エコプロコート同様、母材が割れたところはコーティングも割れますが、それ以外のところは割れていません。

 

ナノピークス 1m

ナノピークスに割れはまったくありません。

 

ナノグラスコート 1m

ナノグラスコートも割れはまったくありません。

 

かなりの衝撃を与えたはずですが、UVコーティングであるエコプロコートはもちろんのこと、ガラスコーティングのナノピークスやナノグラスコートにもコーティングの割れはありませんでした。

エコプロコートとエコプロコート0は、母材が厚いうえに柔らかいため、へこみが激しいです。ナノピークスとナノグラスコートは、硬くて板が薄いため、ほとんどへこみがわからないくらいです。

硬いことが有利なのか不利なのか、判断に迷うところです。母材が柔らかければ変形による形状変化に耐えたことになりますし、母材が固ければ、変形しないことで衝撃をコーティングがまともに受けたことになります。いずれにしろどのサンプルも、耐衝撃性はかなり高いと判断していいと思います。

2mの高さから再テスト

もう少し激しいテストをしたいと考え、2倍の2mの高さからラチェットレンチを落としてみました。

エコプロコート 2m

エコプロコート0 2m

ナノピークス 2m

ナノグラスコート 2m

ナノピークス以外は母材が割れました。しかしその部分以外の割れはありません。ナノピークスの画像で手前にある材料端のへこみは、ラチェットレンチを落とし損ねたものです。端なのでかなりへこみましたが、コーティングに割れはありません。

実際216gのラチェットレンチを2mの高さから落とすことは、とても激しい衝撃を受けます。日常生活でこれと同じレベルの衝撃が床に加わることは、ほとんどないと思われます。

そのようなテストでも割れが発生しなかったのですから、どの商品も割れについては心配する必要はないと考えられます。

水のはじきを比較

次に水のはじきを確認しました。ほぼ同量の水滴を垂らしてみました。

エコプロコート

エコプロコート0

ナノピークス

 

ナノグラスコート

表面をアルコールで拭いて、油分を完全に排除してからテストしました。

水のはじき具合は、ナノピークス > ナノグラスコート = エコプロコート0 > エコプロコート という結果になりました。

ナノピークスのはじきが際立っていました。

薬剤に対する耐性

家にあった漂白剤をサンプルに滴下して、耐性をテストしてみました。

使用したのは塩素系漂白剤です。

 

各サンプルの左下に1滴、漂白剤を滴下しました。2時間ほどで完全に乾燥していました。

 

エコプロコート

エコプロコートに漂白剤を垂らした部分の変化はまったくありませんでした。

 

エコプロコート0

エコプロコート0にも変化はまったくありません。

 

ナノピークス

ナノピークスにも変化はまったくありません。

 

ナノグラスコート

ナノグラスコートだけ漂白剤を付けた部分の艶が、わずかに失われているのがわかるでしょうか。もともと艶の少ないコーティングだけに、指でこするとすぐにわからないレベルには戻りました。

この漂白剤を使ったテストでは、エコプロコートとエコプロコート0、そしてナノピークスはまったく変化なしで問題ありませんでした。ナノグラスコートのみ、わずかに艶が失われました。

その他のフロアコーティング性能比較

コーティングの膜厚

コーティングが厚い方が、当然ですが耐久性も強くなります。ガラスコーティングはUVコーティングよりも薄いと言われていますので、ナノピークスのコーティングは薄いのではないかと思っていました。しかしサンプルを見た限り、エコプロコートと同様の厚みがあるようです。

硬度

ナノピークスはH7の硬度があるとされています。Hとは硬さを表す記号で、その後ろに付く数字が大きいほど硬くなります。硬ければ固いほどコーティング表面に傷が付きにくくなります。

エコプロコートは4H~6Hと想像されます。ホームページでも正確な硬度は書かれていません。UVコートという特性から考えても、H6が限界でしょう。ナノピークスのH7には及ばないことになります。

フロアーコーティングは硬度が高い方が、傷が付きにくいことは間違いありません。

安全性

我が家では10月に子供が生まれる予定です。フロアの有害物質含有については、絶対に高い安全性が必要です。どちらの会社も安全性に問題はないとしています。おそらくどちらも高い安全性を持っていると思われます。

保証期間

保証期間はエコプロコートが20年で、森のしずくナノピークスが30年です。20年も持てば十分だと考えるかもしれませんが、保証期間が長いほうがありがたいです。

20年先とはとても長い時間のように思えるかもしれません。しかしよく考えてみると、当たり前のことですが20年と30年の差はかなり大きいです。30年たてば家自体も古くなっているから床のコーティングが劣化していてもいいのかもしれません。しかし20年で保証がなくなるとしたら、ちょっと短い気がしませんか。意外に20年という期間は短いものなのです。今はいいですが、将来のことを考えたら、30年保証の商品の方がいいことは間違いないです。

フロアコーティング最終判断

テスト結果とその他の情報収集から、私は森のしずくを選ぶことになりそうです。硬いので傷がつきにくいこと、30年保証であること、そして持ち主の付けた傷も補修してくれるというサービスがあることがとても魅力的だからです。テスト前はガラスコーティングであるナノピークスの、衝撃に対する割れが心配でした。しかしテストしてまったく問題ないレベルであることがわかりました。

フロアコーティングについて考えている方は、信頼できる情報をもとに判断してみてください。

私の記事だって、信頼できないと思う人もいるかもしれませんね。それは仕方のないことです。判断されるのは読んでいただいた皆さんです。さまざまな情報を得て、それを自分なりに消化してください。皆さんがいい業者選びができることを祈っています。

 

一条工務店i-smartで家を建てた方は、フロアコーティングを行う割合が、他のハウスメーカーで家を建てた方よりも圧倒的に高いようです。

私は家の間取りの打ち合わせ中に、フロアコーティングには興味を持っていました。フロアコーティングは必要か必要ではないか検討した結果、フロアコーティングをすることに決めました。

その時の様子は過去記事にあります。興味がある方は是非ご覧ください。

>> i-smartにフロアコーティングは必要か? フロアコーティングについて考える