施主検査のポイントは? 一条工務店i-smartの施主検査

一条工務店i-smartが完成し、施主検査を先日行いました。施主検査とは家が完成して、一条工務店の監督さん立会いのもと、施主である私たちが不具合がないか確認するものです。

しかし施主検査も多くの方は、初めて設備などの養生が取れた状態を見ることになるため、見学会になってしまうことが多いようです。家の不具合を見つけ出す貴重な場ですから、ポイントを間違えないようにして、的確にチェックをしたいものです。

しかし何を見ていいのかわからない方もいるかもしれません。そこで私が施主検査を行った時の、重要と思われるポイントをまとめてみました。素人の私が考えたことですから、紹介したこと以外にもっと大切なこともあるかもしれません。それでももしかしたら参考になるかもしれませんので、ぜひ読み進めていただけたら嬉しいです。

なぜ施主検査をする必要があるのか

施工検査はしっかり行ったほうが安心できます。その理由は二つあります。

入居後に修正作業が入ると面倒

施工検査をする前に、一条工務店の営業さんと監督さんに話をしました。施工検査で問題を見つけることができず、入居後に問題を見つけた場合です。明らかに最初から問題があると考えられる施工があった場合は、一条工務店として入居後でも修正してくれるそうです。これは当然のことですね。

しかし施工検査で問題を見つけず、入居後に見つけた場合は面倒なことになる場合があります。

大掛かりな修正を要することがあった場合、場合によっては平日に家族の誰かが立ち合いをしなければなりません。共働き夫婦であれば、どちらかが会社を休んで立ち会う必要が出てきます。

また修正作業で修正以外のところに傷をつけるなどの問題が起きることもあります。入居前の施工検査で問題点を見つけ出し、入居までに修正してもらったほうが都合がいいのです。

入居前の状況を記録しておく

引渡し前には、ポイントを決めて写真を撮っておきたいです。その後に問題が起きた時、貴重な証拠となることがあるかもしれないからです。

もし致命的な欠陥があって、最初は何ともなかったものが時間とともに壊れた場合、構造的な問題だと考えることができます。最初から壊れていたのならばその部分だけ取り換えればいいですが、後から少しずつ壊れた場合は家のひずみが原因と考えられるため、大きな改修を要求する必要が出てきます。そんなことはまずありえないと思っていますが、それでも念のためにあらかじめ決めたポイントは、絶対に写真に撮っておくことを決めておきました。

施主検査で重要ポイント

外部の窓枠の写真を撮る

無理な力が壁にかかり続けた場合、負担が現れる部分は窓枠です。壁をくり抜いて窓を付けているわけですから、窓の部分だけ強度は落ちます。壁に両側から力がかかった場合、窓枠が歪みます。問題なく壁を組み立てれば壁に力がかかることはないですが、それでも組み立て方がよくなければ、特定の壁に両側から圧縮するような力がかかることは考えられます。その場合、時間が経ってから窓枠が割れるなどの問題が起きると考えています。

そのような問題がある場合、先に窓枠が割れたのか、それともあとから窓枠が割れたのかは、大きなポイントとなります。先に割れていれば施工検査で指摘し、すぐに交換してもらうことになります。しかし多くの場合、施工検査では二階の窓枠のひび割れなどは誰も見つけ出せない思います。目立つほど割れていなければ、気づかないまま生活することになるでしょう。入居後時間が経ってから窓枠の割れに気づいたとき、先から割れていたのか後から割れたのかわからないと、正しい対応をしてもらえないかもしれません。強い力で壁が少しずつ歪んでいるのに、簡単に窓枠だけを交換して終わってしまうかもしれません。壁が歪んで窓枠が割れたのなら、構造の問題ですから壁の組み立ての不具合です。それなりの大掛かりな対応をしてもらう必要があるはずです。

以上のことから、私はすべての窓枠に対し、高解像度の写真を撮っておきました。

二階の窓は四隅を、一眼レフ+望遠レンズで高解像度の写真を撮っておきました。

図面通りのものが取り付けられているか

タイルからドア、電化製品に設備まで、図面通りのものが取り付けられているか確認したいところです。間違っている場合、施工検査で気づかなくても後で気づけば交換は当然してくれます。しかし入居してから交換工事が入るのは煩わしいですよね。それを避けるためにも、図面通りのものが取り付けられているか確認したいところです。しかしこれを行うと、大変な時間と労力がかかります。図面を持って品番確認をするわけです。一条工務店専用品番で一条工務店の方たちに確認しないと品番が合っているかどうかわからないことも多いです。品番確認は、施工検査では最低限のところを確認するだけにしたほうがいいでしょう。

私はオプションで取り付けたインターホンや水栓などを確認しました。間違いはないと思いますが、せっかく高いお金を払ってわざわざ付けたオプションなのに、万が一指定したものと違っていたらたまりません。すべての品番確認は大変ですから、こだわったオプションだけを確認するくらいに留めるほうがいいと思っています。

取り付け状態に問題はないか

設備だけでなくリモコンやコンセントに至るまで、すべての取り付け物の取り付け状態を確認しましょう。取り付け強度だけではなく、曲がって取り付けられていないかも確認しましょう。壁に取り付けたものが浮いていないかも確認しましょう。これらの確認は簡単にできると思います。

ネジが見えている場所は、しっかり締められているか確認しましょう。締め付けが足りないことや斜め締めされていることがあるかもしれません。

排水管などの取り付け場所にも注意しましょう。キッチンや洗面所の排水管や、水栓の配管、ヘッダーボックス内部の配管などもチェックしましょう。大変だと思うかもしれませんが、目視と主観で確認するだけで充分です。すべて確認しても、思ったよりも時間はかからないです。

作動状態に問題はないか

すべての電化製品のすべてのパターンの作動を確認するのは大変です。おそらくそれをしたら家全体では1時間くらいかかるでしょう。そこまでするのも大変なので、気になる設備だけでも確認しておきましょう。

ドアの作動状態も確認しましょう。ドアが重いことがあります。私の家ではパノラマウインドウがとても重かったです。調べてもらうと窓がレールから外れていました。すべてのドア、窓は開け閉めして確認しておいたほうがいいでしょう。

歪み、曲がりなどはないか

ドアの歪み、曲がりを確認します。ドアがしっかり閉まるかも確認しましょう。我が家ではドアを閉めた時に隙間が開く問題はいくつかありましたが、監督さんがあっという間に直してくれました。簡単な調整で直らないものは、家か窓(ドア)の精度的な問題もあることが予想されて少し不安です。そのような場合は扉の歪や枠の歪みがあるかもしれないからです。そんなことがあるかもしれないと思い、私は確認するための道具をいくつか持参しました。しかし家の歪みがあると思える場所がなかったため、使いませんでした。使わないかもしれませんが、念のため家の精度を確認する水平器などは用意したほうがいいと思います。

ドアが歪んでいることは時々あるようですが、家自体が歪んでいることはまずないと思います。しかし人の作るものですから、ミスをする可能性はゼロになりません。絶対大丈夫と言い切れないので、疑ってかかるくらいがいいと思っています。

家の精度は窓やドアの状態を見て判断するしかないと思っています。ドアや窓に違和感を覚えたら、説明を求めたほうがいいでしょう。

その他施主検査で気を付けたいこと

天井の確認

天井の確認は忘れやすいです。照明の位置、ナノイーの位置、ロスガード給気口の位置などは、さらっと目を通すだけでもいいので確認しましょう。取り付け状態も一緒に確認したほうがいいでしょう。浮いて取り付けられているかもしれません。

床鳴りの確認

設備やドアの開閉ばかり気を取られていると、床鳴りをチェックし忘れることがあります。すべての部屋で隅々まで歩いてみましょう。途中床鳴りの確認をしていないことに気づいたら、今までチェックした部屋をすべてチェックしに戻ったほうがいいです。床鳴りの確認は忘れないようにしたいものです。

窓の中のゴミ混入やガラスの中の気泡

窓のガラスはチェックしなくてもいいと思っていませんか。複合ガラスであれば、内部に空洞があります。そこにゴミが混入することだってあり得ます。また、ガラスの生産工程では気泡の混入する可能性はあります。できる限りガラスの状態は確認したほうがいいですが、不具合のある可能性はかなり低いです。急ぐ場合は省いてもいいのかもしれません。

施主検査まとめ

施工検査はかなり真剣に取り組まないと、チェック漏れが出るものです。集中力も2時間続かないこともあるかもしれません。適度に休憩を取りながら頑張ってチェックを続けましょう。傷だけを探し続けるのでは、大切な機能や強度の問題を見落としてしまうことになります。施工検査は決して見学会ではないと考えながら、行動することをお勧めします。

この記事では至る所に「歪み」という言葉が出てきます。一条工務店i-smartの家を建てると決めた時に、最も気になったのが「我が家が歪んだ家にならないか」ということでした。しかし幸運にもいい大工さんに家を作ってもらい、精度の心配は現在ではほぼなくなったと言えます。ドアも窓も何も問題なく作動しますし、窓枠の割れも浮きも歪もありません。大工さんや各種の業者さんたちが、一生懸命に家を作ってくれたおかげです。また監督さんもしっかり管理してくれたことと思っています。皆さんに感謝です!!

 

家が完成していよいよ引渡し日となりました。当時の様子を記事にしています。興味のある方はご覧ください。

一条工務店i-smart 引き渡しが行われました