【新築】引っ越し日が決まったら何を行えばいいのかお教えします

i-smartで建てた我が家に、引っ越しする日が決定しました。

引っ越しの準備の中には、一ヶ月以上前に行っておくべきことがあります。今回は何を早めに準備しておくべきなのか、私の経験から説明させていただきます。

引っ越し準備は計画的に進めていかないと、引っ越し直前にドタバタになって大変ですよ。

引っ越し一ヶ月前に行う手続き

賃貸マンションの解約手続き

気を付けなければいけないのは、1ヶ月前に解約の連絡をしなければいけないことが多いことです。なかなか新居への入居日がはっきりせず、気が付いたら1ケ月を切っている場合は、その日にち分だけ家賃を払わなければなりません。

解約するためには貸す側から状況確認がされることになります。その時には水道を使って蛇口などのチェックをされますし、照明などの確認もするため、電気や水道は先に止めないよう依頼してくるところがほとんどです。気を付けましょう。

インターネットサービスの住所変更手続き

インターネットサービスの住所変更手続きは、かなり早めにやったほうがいいです。インターネットの手続きですから、ネット上で簡単に手続きできるので急ぐ必要はないと考える方がいるかもしれません。しかし住所の情報変更は簡単にできるのでしょうが、回線を引くには工事が必要になります。この工事が場合によってはかなりの期間を要することがあるのです。

我が家はフレッツ光を使っていますが、光回線がすぐ近くまで来ていないと、ケーブルを引く工事が必要となります。ケーブルを引く工事は簡単にやってもらえないことが多く、場合によっては2~3ヶ月もかかることがあるそうです。

すぐそばの電柱までケーブルが引かれている場合は、簡単な工事で済みます。しかし近くの電線にインターネットのケーブルが来ていないことがあるのです。周囲の家がスマートホンのみを使っていて、自宅にインターネットのwihiなどが必要ないと考えている家ばかりだったとすると、新たにケーブルを引いてくる工事が必要になります。この工事の予約はかなり先まで埋まっていることが多いらしく、なかなかインターネットを開通できなくなるのです。引っ越し日がおおよそ決まったら、インターネット業者に住所変更を連絡しておいたほうがいいでしょう。

注意したいのは上記のようなケーブルを引いてくる工事までは必要なくとも、簡単な工事は必要となります。その工事も地域によってはすぐに埋まってしまって予約が取れず、入居して一週間くらいwihiが使えないこともあります。引っ越しの連絡が遅いと後回しになってしまうのです。引っ越しが決まったら早めにインターネットサービスの住所変更をするようにしたほうがいいでしょう。

もちろんプロバイダーにも住所変更をすることを連絡しなければいけません。しかしプロバイダーへの連絡は、時期をあまり気にする必要はありません。

ちなみに私の契約しているプロバイダーはOCNですが、新居に移る直前に連絡しても大丈夫です。7月に新居に移るのであれば、7月1日にインターネットで住所変更届をしておけば、7月中は新居でも旧居でもどちらでもインターネットが使えます。プロバイダーの住所変更には工事は必要ありませんから、あわてる必要はほとんどありません。

火災保険選定と契約

火災保険は入居日が決まったらすぐに契約の連絡をしたほうがいいです。入居日が近づくとやることがたくさんあることに気づき、火災保険選びが後回しになってしまうことがあるようです。しっかり火災保険会社は選んだほうがいいと思いますので、なるべく早く検討を始め、余裕をもって契約しましょう。

私は一条工務店提携の東京海上日動火災保険の火災保険に入りました。この場合は面倒な手続きもいらず、契約も簡単です。しかし一条工務店提携ではない火災保険に入る場合、長期優良住宅であれば、その申請が必要になります。それにある程度の時間がかかるので、もしかしたら入居に間に合わなくなってしまうこともあるかもしれません。そうなったときにも一条工務店提携の東京海上日動火災保険は便利です。簡単な手続きで火災保険に加入できます。

かなりお得な火災保険ですから、時間がない方が検討することもなく東京海上日動火災保険を選んだとしても、あとから後悔することはないと思います。

とはいえ火災保険は早めに決めましょう。引っ越し直前になってドタバタしないためにも、引渡し予定日の二ヶ月くらい前には検討を始めたほうがいいでしょう。

フロアコーティング業者との契約

フロアコーティングをすることに決めている方は、早めの契約をお勧めします。人気業者だと休日に施工してもらいたくても、すでに契約者がたくさんいてできないと言われることがあります。

私は引渡し日の次の日にフロアコーティングをしてもらうことにしましたが、一ヶ月ちょっと前の連絡では、遅かったかなと思っています。希望日に施工してもらうのも滑り込みでギリギリだったようでしたから。

人気業者で休日に施工を依頼するのでしたら、1ヶ月前に施工依頼するのでは遅いと思います。早めに契約して希望日を伝えておきましょう。

引っ越し業者選択

引っ越し日が決まったら、すぐに引っ越し業者を選ぶことをお勧めします。多くの業者がありますから、直前に引っ越しを頼んでもどこも引き受けてくれないという事態にはならないと思います。しかし検討できる業者が限られてしまう可能性はあります。見積もりを多く取ることができないと、割高な価格提示をされてしまうかもしれません。頼む側からしたら、どこも引き受けてくれなかったら困るわけですから、強気で値引き交渉もできません。逆に業者側が強気で交渉してくることがあるかもしれません。

後回しにせず、引っ越し日が決まったら早めに引っ越し業者との交渉を始めましょう。

引っ越しまでの購入品について

新居で生活するときには、購入したいと考えているものは人それぞれです。しかし何かを買いに行く場合、半日くらいはかかってしまうことが多いと思います。その場合は買いに行くことのできる休日が限られている場合、スケジュール的に厳しくなることも考えられます。入居前に購入したいものがあったら、計画的に買いそろえるほうがいいでしょう。

ベッドやソファーなどの大物は、入居後にじっくり選びたいと考える人も多いと思います。しかし引っ越しよりかなり前に購入したとしても、店で保管してくれます。引っ越しと同日に運んでもらうことにすれば、入居した当日からベッドやソファーのある生活ができます。早めに計画を立ててほしいものは買っておくことをお勧めします。

私が引っ越しの準備をしていく過程で、引っ越し一ヶ月前より先にやっておくべきだと思ったことは以上です。人によってはこの他にも一ケ月前より先にやっておくことがあるかもしれませんので、ご自身でしっかり検討されてください。