入居時の失敗 インターホンがない!!

一条工務店i-smartの新居に引っ越して1週間、まだまだ手続きや荷物の整理でてんやわんやです。そんな中で困ったことがありました。インターホンがないのです。

我が家では外構は一条工務店提携の業者に頼みませんでした。引き渡し後に打ち合わせが始まりますから、入居後もしばらくは外構工事には入りません。インターホンは門柱に取り付ける予定ですが、外構工事で取り付けるためまだ設置されていません。つまり現時点ではインターホンがありません。

これはちょっと失敗したのですが、インターホンは玄関のドア横に付いているとばかり思っていました。門柱を設置し、そこに取り付けるつもりだろうとハウスメーカー側では思っていたようですが、私は玄関に取り付けるようにお願いしたつもりでした。

このような確認ミスは、正直いくつかあります。仕事が忙しく、ぎりぎりまで設備などの検討をしていたものですから、着手承諾の時にはへとへとでした。お願いしたとおりに図面ができているかを中心に確認をしていたので、希望と違ったことがあっても、それを見つけられないことがいくつかありました。インターホンもその一つなのです。

インターホンは入居したら必須

我が家ではダイニングテーブルの横にインターホンの親機があります。入居した日、ダイニングで夕食をしていると、妻がインターホンの親機に、防犯カメラの映像が映っていることに気づきました。我が家を訪ねてきてくれた方がいたのですが、インターホンがないのでどうやって来たことを知らせればいいのか困っている様子です。あわてて玄関に駆けつけ、ドアを開けて対応しました。この時にインターホンがないととても不便なことに気付きました。

新しい街に引っ越したわけです。近所の方が町内会の説明のために来てくれることだってあります。そんな時にもインターホンがないと、来た方は自分の存在を伝えるすべがないので、玄関先で困惑するでしょう。訪問してくれた方に対して、大変失礼なことだと入居してから気づきました。

簡易的にインターホンを配線する

早急にインターホンを簡易的に接続して壁に両面テープでくっつけておこうと考えました。箱に入った子機がカップボード内に入っていました。これを取り出して外壁に取り付けてやろうと考えました。

しかし配線がどこにあるかわかりません。おそらく外部のコンセントのようなボックスがあるので、ここに配線が出ているはずです。一条工務店がもらったマニュアルなど探してみたのですが、その記述がありません。

インターホンの取付けの資料はありません。取扱説明書しかないのです。まだインターネット接続ができていないので、スマホで設置の情報を集めてみると、「電気工事士」の資格がないと取付けをしてはいけないとのこと。

しかも外壁の配線口から玄関までの距離が3mくらいあり、配線を引っ張っていくのもスマートではありません。

以上の理由で、インターホンの取り付けは諦めました。

安くて簡単に取り付けられるベルはないか

インターネットで探すと、安くて簡単に取り付けられるベルがあります。これを取り付ければ、ひとまずは来客時も安心できます。

調べてすぐに出てくるのは、海外製の製品です。アマゾンなどでもいろいろな種類が発売されています。それを購入しようと考えました。

しかしよく見てみると、電池の形状が違います。どうも一般的な乾電池ではないようです。23A 12V アルカリ電池というものを使うようです。

一時しのぎのために専用電池を購入するのはもったいない気がしました。今現時点ではその規格の電池を使うことはなさそうですし。

単三電池か単四電池で使えるものが便利そうです。

探した結果、以下の商品を見つけました。

リーベックス(Revex) ドア周り防犯用品 ホワイト サイズ:送信機(φ6.8×2.6Hcm)、受信機(6.35W×9.6H×3.3Dcm) posted with カエレバ リーベックス(Revex) Amazon楽天市場Yahooショッピング

単三電池で親機も子機も作動します。普通の使い方ならばまったく問題ありません。値段も2,000円程度なので、とても安いです。

もし母がもっと年を取った時、トイレにこれを取り付けておけば、中で急に具合が悪くなった時に押して家族に知らせるなどもできます。

それ以外にも、人に何かを知らせるベルとして使えます。親機も子機もどちらも単三電池で稼働しますから、どこでも簡単に移動できます。

使う機会は今後あまりないかもしれませんが、すぐに手に入る単三電池が使えます。もっとも使い勝手のいい物だと思っています。

製品レビュー

これは使えます。一ヶ月程度の期間限定で使うのならば、まったく問題ありません。無線式なのですが、電波はかなり遠くまで飛びます。我が家では玄関から最も離れた二階の部屋は9mの距離があります。しかしその部屋でも問題なく電波は届きます。

音量も問題ありません。音量調整は大と小の2段階ですが、小でも音量的には問題なく、大ならば一般的な家であれば、どこで鳴っても気づくと思います。

入居時に必要なもの

入居時には、インターホンとポストは絶対に必要です。我が家ではインターホンはここに書いてきた通り簡易的なベルをドアに張り付けていますし、ポストなどは実家で使っていたボロボロになったポストを外して、ポーチの階段に置いてあります。

これで当面はしのげていますが、やはり入居時にこのようなことにならないように、計画しておく必要があったようです。

特に我が家は外構をハウスメーカー提携の業者ではないところにお願いしていますから、ポストやインターホンについての考慮がないのは仕方がないところです。

ハウスメーカーの提携している外構業者にお願いしない場合は、ポストやインターホンについては自分であらかじめ考えておく必要があります。

ご注意ください。