洗濯機をかさ上げしました 振動も減り 掃除も簡単!!

我が家では洗面所に洗濯機が置いてありますが、洗濯機の下に防振ゴムを置くことは、振動や騒音の面でもかなり効果があります。防振ゴムを使うのならば、背の高いものを使用することで数々のメリットを受けることができます。

新築時に洗濯機の使いやすさを考え、我が家で工夫したことを紹介します。

洗濯機の下の防振ゴム

洗濯機の下に防振ゴムを置くことは、いろいろな方のブログ等で紹介されています。我が家でも洗濯機の下に防振ゴムを置くことで、洗面所の洗濯機をかさ上げをしようと考えました。

洗濯機の下を掃除するとき、かさ上げしてあるとやりやすいですし、防振ゴムを使ってかさ上げすると、振動が抑えられて騒音対策にもなるというメリットがあります。

使用する防振ゴム

防振ゴムはタツフトのhmd-5505を選びました。これは45mmかさ上げするもので、2枚まで重ねて使用できます。

二つを重ね合わせて使うと、掃除ロボットが入ります。ゴムは重ねると90mmになります。

このゴムはとてもしっかりしていて、取り付けた後の不安がまったくありません。硬すぎたら振動を吸収してくれません。柔らかすぎたら重い洗濯機が乗って時間がたつと、変形してくるかもしれません。このゴムは、そのどちらの可能性もまったく感じられない出来です。

多大な時間をかけて情報を集め、この商品を選択しました。使ってみてやっぱりこれでよかったと思えます。特に掃除ロボットを洗濯機の下に入れたいと考える方は、ある程度のかさ上げ量が必要です。プラスチック製で背の高い物も発売されていますが、振動を吸収することに関してはやや疑問が残ります。その点この防振ゴムは秀逸です。

洗濯機防振ゴムの効果

静か

振動がないので静かです。リビングにいると、洗面所で洗濯機が回っているのを忘れてしまいます。音が床に伝わらないことは、騒音を抑える大きな効果につながります。2個重ねて使っていることも効果を上げる要因になっています。

掃除ロボットが入る

掃除ロボットルンバの高さは92mmです。かさ上げ後の洗濯機底の高さがちょうど100mmですから、ルンバが洗濯機下に入ります。(ルンバは購入予定ですがまだ手に入れていません)

掃除ロボットを使わなくても、箒を洗濯機下に入れることができますから、掃除がとても楽になりました。洗濯機の下に物を落としてしまった場合、以前では手が入らずに簡単に拾うことができなかったのですが、今では楽々と回収できます。

洗濯物が出しやすい

ドラム型の洗濯機は、洗濯物を出し入れするときに低すぎます。入れる時は放り込めばいいのですが、出す時は屈んで取り出さなければなりません。しかしかさ上げすると洗濯機が高くなるので、取り出しが楽になります。これが我が家では一番のメリットだったのではないかと思います。

洗濯機の設置は引っ越し業者に

防振ゴムの設置は引っ越し業者に行ってもらいました。90cmもの高さがあるゴムを、自分で入れ込むには大変な苦労が必要になります。危険ですし、洗濯機を傾けることになり、故障が心配です。引っ越し業者に頼めば、おそらくどこでも無料で応じてくれると思います。見積もり時に営業さんに相談してみてください。

洗濯機かさ上げ後の見栄え

いくら実用的な改善でも、見栄えが悪いと行うことをためらってしまうことはあると思います。そこで我が家のかさ上げ後の状態を写真に撮ってみました。

いかかでしょうか? 違和感があるように感じられますか? この状態であれば、誰もおかしなものを付けたと眉をひそめるようなことはないと思います。この写真を撮るのも浴室の中に入って行いました。洗面所で行動する限りでは、ほとんどかさ上げゴムは見えないのです。

洗濯機の水栓とコンセント

洗濯機をかさ上げするためには、洗濯機用水栓とコンセントをかさ上げしても問題のない高さにする必要があります。かさ上げすれば洗濯機の高さは高くなります。水栓が低いと、洗濯機が入れられないかもしれません。高さを確認する必要があります。

私は一条工務店との打ち合わせ時に、水栓とコンセントが1350mmの高さになるよう指定しました。

しかし打ち合わせ途中から、水栓とコンセントの高さが、洗面所の図面から消えてしまいました。

設計士さんが忘れてしまったのかとびっくりして確認すると、なんと私の指定した洗濯機のコンセントと水栓の高さが、一条工務店i-smartの標準設定になったそうです。私の考えを一条工務店が標準にしたわけではなく、たまたま一条工務店が再設定した高さが、私の考えた高さとぴったり一致しただけだと思いますが、ハウスメーカーがその高さを標準に設定したのですから、私の設定判断は間違っていなかったようです。

現在の一条工務店の水栓とコンセントの高さは、標準で1350mmになっており、少々のかさ上げでは、大きな洗濯機であっても問題になることはまずないでしょう。

我が家の洗濯機はパナソニックのNA-VX9500Lですが、かさ上げ後の高さは1092mmで、水栓やコンセントの高さが1350mmなのでかなり余裕があります。

洗濯機の高さ

我が家の洗濯機の高さは実測で1002mmです。カタログでは1021mmとなっていますが、洗濯機の足部分の高さを調整して、最大の高さにした場合が1021mmになります。一般的には1000mm程度の高さで使用していることと思われます。

調べてみたところ現在(2018年8月)発売されている洗濯機では、シャープのドラム型洗濯機が1114mmで最も高さが高いようです。この洗濯機をかさ上げしても、1350mmの水栓やコンセントの高さよりもかなり低くなるので、かさ上げするのに問題はないと思われます。もしかさ上げを計画される方は、念のためご自身がお使いの洗濯機の高さをご確認ください。

洗濯機排水口の位置

かさ上げしても排水口の位置と洗濯機の排水ホース取り付け位置が著しく離れていたら、排水ホースが床を這うことになり、掃除がスムーズにできなくなります。そこで洗面所床面の排水口位置も一条工務店との打ち合わせ時に指定すさせていただきました。(インターネットで得た情報を参考にさせていただきました)

洗面所の洗濯機を置くスペースが広く取れたので、洗濯機を置く位置がはっきりしませんでした。実際にどの位置に洗濯機を置いたら使いやすいのかがわからないのです。そのためおおよその位置を決めて、図面に位置を書き込んでもらうこととなりました。

引っ越し時に使いやすい位置に洗濯機を設置したところ、50mmほど排水口の位置はずれていましたが、許容範囲でした。

今使っている洗濯機を買い替えた場合は、おそらく排水ホース取り付け位置は変わるはずですね。そうなった時には排水ホースがきれいにまとまることはなさそうです。しかし今の洗濯機をしばらく使うことを考えて、床の排水口位置は自分でベストな位置を決めて指定したほうがいいと思います。

洗濯機かさ上げまとめ

洗濯機のかさ上げは、多くの方がされており、インターネット上でも紹介記事がたくさんあります。私もそれを見て真似たわけですが、ポイントは床の排水溝位置を洗濯機に合わせることと、かさ上げのための防振ゴム選択です。

特に防振ゴムの選択が重要です。先ほども書きましたが、かさ上げを主な目的としているものは、本体がプラスチックで振動を吸収してくれません。かさ上げだけではなく、振動や騒音対策のためと考えるのであれば、すべてがゴムで作られているものを使用することがベストです。

以下の製品を選んでおけば、掃除しやすくて振動や騒音の少ない、快適さが手に入ります。⇩

洗濯機のかさ上げは、お勧めですよ。