トイレを快適に使うためのDIY ペーパーホルダー位置を変更しよう

一条工務店でトイレを1.5帖にして手洗いカウンターを付けると、ペーパーホルダーの位置が遠くなりませんか?

一階トイレには手洗いカウンターを付けました。トイレは広々としているし、装飾品も置けるし、収納もたっぷりあるのでありがたいです。

カウンターについている手洗いも普通に使えば水が飛び散ることもなく、使いやすいです。しかし不満点があります。カウンターに付けられているトイレットペーパーが遠すぎるのです。

これを何とかならないか考えました。

トイレとペーパーホルダーの距離

普通に座った状態だと、ペーパーホルダーの位置(二連の手前のホルダーの中心位置)は前に760mm、横に400mの所にあります。数値だけでは説明しにくいのですが、身長が173cmの私でも、ペーパーを引き出す時には遠くて使いにくいと感じるのです。体がとても大きくて手の長い人でないと、楽に手が届くものではありません。母と同居していますが、母は身長が148cmしかありません。相当小柄ですから、おそらくトイレットペーパーを取るのに苦労しているはずです。

ペーパーホルダーは二連になっていて、手前のものでも遠く感じるのですから、奥側はもっと使いにくいです。母はペーパーホルダーが使いにくいのか一階のトイレに入りません。リビングにいてもわざわざ二階のトイレまで行っています。

ペーパーホルダー移動

手洗いカウンターにはペーパーホルダーを付けるスペースがあります。横幅は465mmあります。

このスペースの中心に、ペーパーホルダーは付けられていますが、画像の通りペーパーホルダーに対してスペースは余っています。取り付け位置を変えて手前に持ってくることで、少しでも使いやすくできないか考えました。

ペーパーホルダーは4箇所だけネジで止められているだけのようです。移動は簡単にできそうです。

ネジを4箇所外します。このネジはかなりきついです。ネジの有効長40mmもあるので、きついのは当然ですね。短いドライバーではドライバーが傾いてしまい、ネジにしっかりドライバーの頭がはまりません。この状態でネジを緩めようとすると、ネジの頭を壊してしまう可能性が高いです。ドライバーはシャフトが長いものを使うと安心です。

短いと緩めにくい

長いしっかりしたドライバーを使うと緩めやすい

4個所のネジを外すと、ペーパーホルダーが外せます。

ペーパーホルダーの取付け

取り付け位置は、前回ついていた穴が隠れる位置まで左に異動させることにしました。

印をつけて、印をつけた位置をキリで穴あけしておきます。

そしてペーパーホルダーを取り付けます。締めつけは力が要ります。夏なので汗だくです。締め付けもネジの頭を破損させないように注意しなければなりません。

ペーパーホルダーの位置が中心から左に移動しました。これで便器にペーパーホルダーが近づくことになります。

ペーパーホルダー取り付け状態

手洗いカウンターの取り付け位置がセンターではなくなったので、そのままでは違和感が出てしまいます。空いた位置に置物でも置けば、違和感はなくなると思い、ためしにコップを置いてみました。

あまりスマートではないですが、まあ置くものによっては充分許容範囲になるでしょう。

今回の改善で、ペーパーホルダーの位置は縦方向に40mm近づいたことになります。たった40mmですが、感覚的には大きく違います。これから子供が生まれてトイレに行く時、おそらく以前の距離では手が届かなかったでしょう。これならば少しは使いやすくなったはずです。

ペーパーホルダーにトイレットペーパーをセットする時にも、やりにくさはありません。ペーパーホルダーがスペースの中心から外れて見栄えが少し気になる方もいるでしょうね。しかし我が家ではだれもそれを気にしていませんから、私的にはこの改善は成功と考えています。

現在はインドで購入したクリシュナ様の置物が鎮座しています。何か置いてあればべーぱーホルダーが中心になくても、あまり気にならないのではないでしょうか。

二階のトイレばかりを使っていた母も、改善後は一階のトイレを使うようになりました。