SF-NA491Sをレビュー リクシル 自動水栓は快適

タッチレス水栓(自動水栓)とは、蛇口(水栓)に物体を感知するセンサーが付いており、そこに手や物を近づけると水栓に触れることなく水が出てくれるものです。センサー水栓と呼ばれることもあります。

一条工務店i-smartのスマートキッチンに、タッチレス水栓をオプションで取り付けました。吐水口先端センサー付きのSF-NA491Sです。この機種のレビューはブログ等インターネット上の情報ではあまり紹介されていません。採用している方が少ないと予想されます。水栓に約10万円(メーカー希望小売価格)もかけるのは無駄だと思われていると想像します。

しかしこの吐水口センサー付きタッチレス水栓SF-NA491Sは、キッチンに付けるととても便利なのです。今回はこの機種のレビューを中心にまとめていきます。

一条工務店i-smartキッチン水栓

キッチンにタッチレス水栓を付ける利点

タッチレス水栓はハンドルに触れなくても水が出ます。石鹸の付いた手でハンドルを触り、ハンドルが石鹸まみれになることがありません。一度手を洗ったのに、ハンドルが泡まみれのままのこともあり、そこに触れた時点で手にも泡が付いてしまいます。このようなことがなくなります。

食材を洗う場合も、手を洗ったあとにハンドルを触るのがためらわれることもありますよね。タッチレス水栓にすると、ハンドルに触るという行為がなくなるので、水栓自体もきれいに保てますし、ハンドルを触らないので手が清潔な状態で食材や食器が洗えます。

取り付けた機種

冒頭で説明したとおり、我が家ではキッチンに吐水口先端センサー付きのタッチレス水栓SF-NA491Sを付けました。蛇口上側にセンサーが付いているものがSF-NA471SUですが、SF-NA491Sはそれに加えて吐水口(水の出る部分)にもセンサーが付いており、蛇口近くに物を近づけると自動で水が出てくれるのです。

一条工務店のオプション一覧表にはありませんが、このタイプを付けたいと依頼すれば付けてもらうことができます。

吐水口センサーの使い勝手

吐水口センサーは、ものすごく便利です。特に手を洗う時にはとても便利です。手を吐水口の下に持って行くだけで水が出ます。洗い終えて吐水口下から手を引くとすぐに水が止まります。

また食器を洗った後にすすぎを行う時にも大きな効果を発揮します。吐水口センサーが付いていない水栓の場合、ひとつの食器をすすぐごとに水を止めるのは面倒ですから、水を出しっぱなしにしてすすぐことになります。

しかし吐水口センサーがあると、食器をすすぐために吐水口下に食器を差し出すだけで、自動で水が出ます。そしてすすぎ終えて食器を吐水口から離すと、自動で水が止まります。水が出しっぱなしにならないのです。これでかなりの節水になります。野菜を洗う時も同様です。

このように、便利の上に節水にもなるので、キッチンに吐水口センサー付き水栓を採用する価値は大いにあるのです。

背面センサーとの使い分け

吐水口センサーは、上記の通り主に手や食器、野菜を洗う時に使用します。

漬け置きするためにシンクに食器を置いて水を出す場合など、吐水口センサーから遠く離れている物を洗う時は水は出ません。そのような場合は背面センサーを使って水を出せすことになります。これらの使い分けは、少し慣れれば考えることもなく自然にできます。

吐水口センサーのスイッチ

キッチンの水栓に吐水口センサーがあると不便な場合もあります。

例えばシンクを洗う場合です。洗剤を付けたスポンジでシンクを磨いている時、吐水口センサーの感知範囲に手が入ってしまうことはよくあることです。吐水口センサーがONになっていると、そのたびに水が出て洗剤が流れてしまうことになります。

しかし心配はいりません。吐水口センサーは、ボタン一つで簡単にON OFFできるのです。押しやすい位置にスイッチがありますし、軽いタッチで簡単に押せます。そしてスイッチにランプが点灯しているとON、ランプが消灯しているとOFFなので、一見してわかります。

リクシルSF-NA491S吐水口センサースイッチON

AUTOランプが点灯しています。吐水口センサーがONになっています。

リクシルSF-NA491S吐水口センサーOFF

AUTOランプが消灯しています。吐水口センサーがOFFになっています。

タッチレス水栓のセンサー反応時間

「タッチレス水栓を採用したいけど、センサーの反応する時間が遅いのではないか?」と気している方もいると思います。手をかざしてもすぐに水が出ないのであれば、誰だって不便に感じます。その可能性があれば、タッチレス水栓を採用しないと考えるのも当然です。

しかし背面センサーも吐水口センサーも、手をかざしてから水が出るまでの時間は、とても早いです。「まったく気にする必要はない」と断言します。センサーが感知してから0.1秒かからずに水が出る感覚です。瞬時に水が出ると言っても過言ではありません。ストレスはゼロです。

ただし止まる時は0.5秒くらいは時間がかかっている印象です。こちらは使い始めで慣れていない時だけ、「あれ、今の(手をかざす)アクションで止まらなかったのかな?」と思うことがありました。(背面センサーの場合)

止まる時に少しだけ時間がかかっても、使うにはまったく問題ありません。

シャワー

水をシャワーのよう細かく出すようにできます。我が家では常にこの状態です。吐水口の調整で簡単に変えられます。

シャワーは水がとても柔らかくなり、水を出したときに食器などに当たった水が飛び散ることはほとんどありませんので、キッチンにも最適です。

吐水口付きタッチレス水栓について

キッチンの水栓は吐水口センサーのないものを採用するだけでも便利になりますが、吐水口にセンサーが付いている方がやはりかなり便利になります。背面センサーに手をかざす時、手に石鹸の泡や水が付いていることがあります。そのような場合、タッチレスとはいえ手に付いていた水や泡が飛んで水栓を汚すこともあります。吐水口センサーがあれば、吐水口の下に手を出すだけで水が出て泡を流してくれるので、そのようなことにはなりません。

先ほど書いたとおり、水を大量に使用するキッチンの節水にもなりますので、吐水口センサー付きの水栓はお勧めです。ただし値段が上がります。一条工務店のオプション料金は、58,000円になります。定価は136,000円ですが、もともと付いている水栓をやめるのでその価格を引くことになります。その結果、半額以下のオプション金額で付けられます。しかし58,000円のオプション価格はもったいないと考えるのも当然ですね。一条工務店オプション一覧表に載っているタッチレス水栓は13,400円のオプション料金なので、その差は44,600円です。

料理をあまりやらない方は、料理をメインに行う方と相談して、キッチンにタッチレス水栓を採用するか慎重に検討してください。我が家では妻ともしっかり話し合いをして、吐水口付きタッチレス水栓を採用しました。妻も私もとても満足しています。

しかしタッチレス水栓は、高齢の人に使ってもらうには、少し注意が必要かもしれません。

背面センサーで水を出して、使った後に止めます。自分では止めたつもりでも、止まっていないことがあります。高齢だと聴力の問題で水の出ている音が聞こえず、そのままキッチンを離れてしまうこともあり、水が出っ放しになることがあるのです。

またセンサーの作動に慣れるまでに時間がかかることもあります。このように、もしかしたら高齢の方がタッチレス水栓を使ったら、逆に使いにくいと思う可能性もあるのです。

とはいえそのような特殊な場合を考えなければ、吐水口センサー付きタッチレス水栓はとても便利です。

INAX・LIXIL キッチン用水栓金具 【SF-NA491S】 キッチン用タッチレス水栓 ナビッシュハンズフリー(エコセンサー付) posted with カエレバ LIXIL Amazon楽天市場Yahooショッピング

まだまだタッチレス水栓は一般的ではなく、珍しい設備です。しかしキッチンに太くてセンサーやスイッチが付けられた水栓があると、「ただ者ではない」と客に思わせられます。始めてみた人は、びっくりしてくれるでしょう。ちょっと優越感を持てるというメリットもあります。そんな側面も考慮した上で、キッチンにタッチレス水栓を設置するという検討をしてみてください。