固定電話料金を節約!! ひかり電話は絶対におすすめ!

皆さんは携帯電話以外に、固定電話の契約されているでしょうか。固定電話にはひかり電話というとても安く契約できるサービスがあるのです。

今では家に固定電話を引かない方も増えているようです。この時代は様々な契約書類を書く機会が多いのですが、電話の欄には固定電話と携帯電話両方を記入する場所があります。固定電話は書かなくてもいいのですが、何となく固定電話を書くことができないことについて、恥ずかしさがありました。今後は固定電話を持たないことが増えていく可能性はありますが、家を建てて一家の主になった限りは、固定電話はあった方が一人前になったような気がするんじゃないかと思っていました。

しかし契約してもお金がかかります。普通の電話だと契約料だけで月額2,000円ほどかかります。現在ではSNS等のインターネット電話が当たり前の状況です。固定電話を使うことはまずありません。私ももう10年以上、家に固定電話を付けずに生活していますが、不自由はありませんでした。世間体のためだけに固定電話を引くことには少し抵抗がありました。

しかしひかり電話というものを知り、引っ越しを契機に契約することにしました。

インターネットの住所変更

土地を買ってそこに家を建てたので、住所が変わることになります。インターネットの住所変更は必要です。住所変更の手続きのため、NTT西日本に電話してみました。

現在は集合住宅のため、フレッツ光ネマンションタイプでの契約になります。これがフレッツ光ネクスト隼に変更になります。電話口では住所と回線タイプの変更をお願いしました。そのあとに、それ以外に追加で申し込むものはないかを尋ねられました。

聞かれても、どんな追加のサービスがあるのかわからないので、答えようがありません。追加できるサービスについて、聞いてみました。

その中にひかり電話というサービスがあることを教えられました。ひかり電話は一ヶ月わずか500円程の契約料金で固定電話が使えるというものです。通話料は全国一律3分8円です。間違いなく普通の固定電話と比べたら格安です。

固定電話を付けたいとの思いはありましたから、このプランは魅力的でした。

ひかり電話とは

ひかり電話とは、インターネットを通じて電話回線にアクセスして電話をつなげるものです。携帯電話が電波で通話を飛ばしているのに対し、ひかり電話は有線の光ケーブルで通話を飛ばしているわけです。音質は固定電話と同等か、それ以上と言われています。

一番の魅力はコストです。基本料金が私の契約したひかり電話では、契約料金が月額で500円になります。通話料金は全国どこに掛けても8円/3分です。

以前のインターネット接続で使える固定電話はIP電話と呼ばれ、110番や119番に掛けることができませんでした。しかし光電話は、それらの電話にも掛けることができるようになっています。

また、迷惑電話をかかってこないようにできる「迷惑電話お断り機能」もあります。

ひかり電話契約の注意点

不正アクセスで第三者に海外へ電話を掛けられる可能性がある

海外には携帯電話と同様に、多額の通話料金がかかります。恐ろしい話ですが、不正アクセスで回線を乗っ取られて海外に電話を掛けられた場合、通話料金が契約者にかかって来ることもあるそうです。しかし心配はいりません。対策として、海外には電話を掛けないように規制を掛けてもらうことができます。もちろん規制をかけてもらうのは無料でできます。

自分の住んでいる地域でない市内局番を設定されることがある

電話番号は次のように設定されます。【市外局番ー市内局番ー加入者番号】

光電話に加入した場合、市外局番はその地域のものになりますが、その次に続く市内局番はその地域のものではなくなる可能性があります。地区の町内会などの住所リストに、ひとつだけ市内局番が違う番号が登録されることになるくらいのデメリットしかありません。それで困ることはないでしょう。

ひかり電話用電話機の設置

電話機は、モデムから直接有線でつなげることになります。我が家では実家にあった固定電話を持ちこんだので、wihiでつなげられません。モデムは二階の主寝室に付けたウォークインクローゼットの中に設置してあります。この位置に固定電話を置いても、不便すぎます。

そこで一階の洋室に電話機を置くことにしました。

我が家はモデムの設置が「情報ボックス」というインターネット関係の配線をまとめたボックスの中にあります。そのボックス内から各部屋にLANケーブルが伸びているのです。情報ボックスから洋室につながるLANケーブルを、モデムに差し込もうとしました。

しかしモデムの光電話専用端子は電話用で、LANケーブルが付けられません。そのため変換コネクターを使ってモデムにLANケーブルを繋げました。

光電話接続変換コネクター
光電話接続変換コネクター
光電話接続

モデムの電話用端子に一階洋室につなげるLANケーブルをつなげました。これで一階洋室のLAN端子が、ひかり電話専用のものになるので、そこに電話機を繋げればOKだと思っていました。

しかし配線しても電話がつながりません。

調べてみると、私が購入した変換コネクターは、配線が中央から入って外側に移動しています。このためこのコネクターを使うと導通がないのです。すぐに以下の画像のようにコネクターを改良しました。

一階洋室のLAN端子に電話機を繋げてみたところ、問題なく電話することができました。

ひかり電話の契約について

固定電話を付けたいと考えている人は、光電話が絶対にお勧めです。NTT西日本の場合、インターネット光を契約した後から、光電話を導入する場合は3,000円~11,000円の工事費がかかります。しかしインターネット光の契約と同時に光電話も契約すると、1,000円~3,000円ほどの追加費用で光電話の工事が行われます。引っ越し時にはインターネット光の契約と同時に光電話を導入するほうが得になります。

引っ越しして固定電話が必要な家庭では、光電話の契約を考えてみてははいかがでしょうか。

私はNTT西日本のひかり電話の契約をしましたが、電話会社とのひかり電話契約もできます。契約内容はほとんどNTT西日本のひかり電話と変わらず、普通の固定電話と比べるととても割安ですから、お勧めです。

NTT西日本のひかり電話契約は、以下のページから行えます。

ドコモ光電話の契約は、以下のページから行えます。

au光電話の契約は、以下のページから行えます。