キッチントップの高さはしっかり検討しないと後悔しちゃうかも!

キッチントップの高さは、適切な高さでないと、調理を続けるうちに腰痛に悩まされることにもなりかねません。

キッチントップの高さはメインで料理する人の身長に合わせて決めますが、推奨される高さがあります。私は一条工務店のi-smartで家を建てましたが、キッチントップの高さは推奨高さをそのまま選ばなかったことで、とても快適に使っています。

推奨されている高さに合うかどうかは人それぞれで、少し高めのほうがいい場合もあります。しっかりテストして自信をもって選ぶと、調理も楽で満足感も増します。

我が家のキッチントップの高さは、どのような根拠で決めたのか紹介させていただきます。

キッチントップの高さを選ぶ

キッチントップの高さですが、ほとんどのメーカーで、80cm、85cm、90cmの3つが選べるようになっています。

キッチントップ推奨高さ

冒頭で書いたとおり、キッチントップは身長により、推奨される高さがあります。一般的に言われているのは、身長÷2+5cmです。

身長160cmの場合、160÷2+5=85cmになります。

推奨高さに対して我が家の家族の身長は、以下の通りです。

私 : 173cm

妻 : 160cm

母 : 148cm

キッチンは中心で料理をする人の身長に合わせます。我が家では妻が中心で料理をします。160cmの身長なので、85cmの高さが推奨されていることになります。

また母は148cmですから、90cmの高さでは高すぎます。二人の身長を考えると、母には少し高くて使いにくく感じるかもしれませんが、85cmの高さを選ぶのが一般的なところです。

85cmの高さでいいのだろうか?

我が家では85cmの高さでいいのか疑問を感じていました。新居に移る前の賃貸マンションでは、80cmの高さのキッチンで料理をしていました。しかし妻には相当低く感じていたようです。5cmほどキッチンを上げて85cmにしても、まだ低すぎる気がしていました。思い切って90cmにした方がいいかもしれないと考えるようになりました。

妻に90cmのキッチン高さで料理してもらう

キッチンの高さを入居後に変更することはできません。85cmか90cmか、どちらがいいのか間取り打ち合わせ中に決める必要がありました。そこで考えたのが、その当時のキッチンを90cmの高さにして料理をしてみることでした。

賃貸マンションのキッチン高さは80cmなので、10cmの台をまな板の上に置き、その上で料理をしてもらいました。これで90cmのキッチンで作業するのと同条件になります。

しばらく妻は90cmの高さで料理してもらいましたが、とても使いやすいと喜んでいました。このことでキッチントップの高さは90cmにすることを決定しました。

母は90cmのキッチンでは高すぎる

しかし問題があります。一人だけ極端に背の低い母と同居するのです。言うまでもなく、148cmで90cmのキッチントップは高すぎます。

母は料理が好きなので、新居では料理をしなくてもいいとは言えません。しかしキッチントップが高すぎるのでは、気持ちよく料理ができないことは明白でした。

キッチントップが高すぎる対策

我が家ではキッチントップが高すぎた場合の対策も考えた上で、90cmの高さにしました。

対策とは、調理には高すぎると感じた時には、オプションで付けたグランドカップボードの上で調理するというものです。

グランドカップボードトップの高さは83cmです。これならば背の低い母でも問題なく料理ができます。カップボードの上で野菜を切ったっていいのです。

母はカップボードを使うことで、喜んで料理をしています。

妻もかぼちゃを切るときなど、包丁を使う時に体重を掛けなければならない場合などは、グランドカップボードの上を使っています。

グランドカップボードの上で調理する注意点

気を付けなければいけないことがあります。電子レンジや炊飯器、コーヒーメーカーなどの調理機器を置いてしまうと、グランドカップボード上が埋まってしまい、まな板を置くスペースがなくなってしまうことがあります。これは注意したいところです。

我が家ではその対策で、家電収納タイプのカップボードを付けました。これに電子レンジと炊飯器が収納されるので、グランドカップボード上には家電が所狭しと並ぶことがありません。

これでグランドカップボード上はいつもスペースが開いており、調理も気楽にできるのです。

キッチントップの高さが90cmでどう変わった?

妻は新居に引っ越す前は、80cmの高さのキッチンを使っていました。新しいキッチンは90cmですから、体感的にかなり高くなったようです。

最初は少しだけ違和感があったと言っています。しかし今では、90cmのキッチントップに慣れてしまい、快適に調理しています。

80cmのキッチンだと長く使うと腰が痛くなることもあったようですが、90cmではそれがないようです。

173cmの私が、90cmのキッチントップになったことで調理が楽になったのは言うまでもありませんし

母はカップボード上で調理しているので、問題ありません。

我が家では90cmのキッチントップの高さがベストでした。

キッチントップの高さを決めるために

キッチントップの高さは、推奨よりも高くする方がよいという情報が、インターネットではたくさん発信されています。ここで少し考えたのですが、160cmで90cmの高さのキッチントップを選ぶと、腰痛になりにくいという効果はあると思います。

しかしカボチャとかキャベツなどを切るときは、160cmの身長だと推奨される85cmのキッチントップが使いやすいのではないでしょうか? 私の身長は173cmですが、硬いカボチャを切るときは90cmの高さでは高すぎると感じます。

つまり本当に万能に使えるのはやはり推奨高さのキッチントップなのだと考えます。ただし硬いものを切る頻度が少ない場合や、硬いものは別の場所で切ることができる場合は、やや高めのキッチントップにしておくと腰痛防止になります。

キッチンメーカーのショールームでも、キッチンの高さ確認はできます。

しかし一瞬だけの確認と、使い続ける場合の感想は違います。10秒程度の確認ではわからないこともありますから、我が家で行ったような、まな板の下に台を置いて調理するなどの確認も必要だと思います。

我が家のようにキッチントップの推奨高さを無視しても、満足できることがあります。これは人それぞれですから、ぜひ我が家のように決める前にいろいろな高さで調理を行い、合う高さを見つけてください。

高さを決めるポイントを以下にまとめました。

  • キッチントップの推奨高さよりも高い方がいい人もいることを頭に入れておく。
  • 決める前にいろいろな高さで調理して、合った高さを見つけることが大切。
  • 背の低い人が家族にいる場合、カップボードなど、別の場所で調理することも考えてみる。

以上、皆さんも満足できるキッチントップ高さにできるといいですね。