どうしてこんなところに付けたの? 絶対にいらないところにコンセント!!

引渡しが終わると何を考えるものでしょうか? オプションをたくさん盛り込んだキッチンのこと、明るい玄関のこと、ゆとりのある寝室のこと・・・。必死で考えた間取りと設備ですから、大満足の家になっています。

しかしこれはちょっと・・・・。と思うところも少しだけあります。その筆頭がコンセントです。

実は我が家では絶対にこんなところに必要ないと断言できるところにコンセントが付けられています。ありえない位置に付けられたコンセントは、とても重要なメッセージを発しています。

使われることのないコンセントは何を語ってくれるのでしょうか?

これはないぞ!!

私がそのコンセント位置を知ったのは、上棟して間もなくでした。まだ壁に石膏ボードも貼られていない頃です。二階から降りようとしたとき、左手に何かおかしな穴が・・・。

画像ではわかりにくいですね。発見した時にアップで写真を撮ったのですが、その写真がどこかに行ってしまいました。

そして石膏ボードが貼られると・・・。

あら、やっぱり穴が開けられています。

そして完成した状態では・・・。

見てわかるとおり、階段の途中にコンセントが付いています。このコンセントの存在意義があるとは思えません。しかも1mも離れていないところに別のコンセントが付けられていますね。このレイアウトはひどいです。

コンセントの最終チェックミスはなぜ起きた?

これは完全に私のチェックミスです。私の作ったコンセント位置の依頼書にも、この位置にコンセントを付けるように指示がしてありました。間違いでお願いしたとはいえ、まぎれもなく私の責任です。そしてそれを最終確認で気付くことができませんでした。

実はこのコンセントがあることは、上棟直後に気付いていました。石膏ボードが付けられる前に、この位置にコンセントがあることはわかっていたので、コンセントを付けずに石膏ボードがを貼ることも可能だったのです。

しかしそれをしなかったのは、理由があります。

打ち合わせの時は本当に仕事も大変で、こんなミスにも気づかないくらいへとへとになっていました。普通ならこんなチェックミスをすることは絶対になはずなのです。それを気付くことができないくらい、忙しくて大変だったのです。

私はこのコンセントをそのまま付けてもらうことは、家の打ち合わせ時にとても大変な状態だったことの記念になると思いました。

また、設計士さんもこの位置にコンセントがあっても意味がないと気付かないくらい、土壇場まで必死で図面を書いてくれました。設計士さんが、「このコンセントは必要ないように思えますが、どうしますか?」と気づいて教えてくれる余裕すらなかったと思っています。設計資産の責任はまったくありません。

関わったみんなが異常なほど忙しい状態だったということを、このコンセントがずっと語ってくれるのです。それはそれで悪くない気がするので、黙ってそのまま付けてもらうことにしたのです。

不要コンセントは生活するうえで気になるか?

とても目立つ位置に無駄なコンセントが付いていますが、このようなことは生活している中ではまったく気になりません。

見るたびに「無駄なものが付いていてがっかりだ」「はずかしいな」などと思うのでしたら悲しいところですが、まったく気になっていないのです。

人によってはとても気になることかもしれませんが、我が家では妻も母もまったく気にしていませんし、私などは「記念になってよかった」と思っているくらいです。

しかしいくら忙しくても、最終チェックはしっかり行わなければいけないですね。今回の例はたまたまチェック漏れした失敗が、気にならないレベルだったので良かったのですが、致命的なチェック漏れがあった可能性だってあるのです。

一生に一度の高い買い物である我が家。図面の最終チェックは確実に行わなければいけません。そんなことも教えてくれるコンセントの紹介でした。