窓の選択 透明ガラスかカスミガラスか 一条工務店i-smart

一条工務店のi-smartで家を建てられた方は、窓ガラス、特に二階の窓ガラスは、透明ガラスにするのか、カスミガラスにするのか迷いませんか?

間取り打ち合わせで、最後まで悩んだ上、その選択に自信が持てないことがいくつかありました。その一つが今回のテーマである、「FIX窓を透明ガラスにするか、それともカスミガラス(半透明のガラス)にするか」です。

私はカスミガラスを選択しましたが、その選択が正しかったのか、検証してみます。

窓ガラスが透明ガラスかカスミガラスか迷う理由

どうして透明ガラスにするか、カスミガラスにするか迷ったのでしょうか。

私のお邪魔している住宅展示場にある一条工務店i-smartには、オープンステアのある吹き抜けに大きな窓があり、その透明なガラスから外が見えました。それがとても爽快だったのです。それを見るたびに、吹き抜けには大きな窓を付け、透明なガラスを入れたかったのですね。

しかしオープンステア吹き抜けのFIX窓は開けることはできません。二階の吹き抜けで開けることもできない場合、窓を掃除することが非常に困難になります。開けられる窓でも掃除は非常に困難なのですが・・・。

二階に付けたFIX窓は、一般的には外側を掃除することはないようです。掃除をしないとなると、せっかくの透明ガラスなのに汚れが付いてしまい、とてもみずぼらしく見えるのではないかと考えました。透明ガラスにしておき、後から半透明のフィルムを貼るのは、窓が大きすぎて難しいです。1,800mmもあるフィルムをも売っていないですし、貼り付けるのにも大変な技術がいります。フィルムを貼ることはまず無理だと判断しました。

ハウスメーカーにも、透明ガラスにしないほうがいいと言われていました。二階の窓を室外から掃除できるか、インターネットで情報を集めてみましたが、できると確信できるものはありませんでした。

以上の理由で、我が家の吹き抜け窓は、カスミガラスにしました。しかし、外側の掃除さえできたら、透明なガラスを入れたかったという思いは、入居するまで消えませんでした。

一条工務店のi-smartでガラスの選択に迷った窓

一条工務店のi-smartで透明ガラスかカスミガラスか迷ったところは、二階のFIX窓です。FIX窓とは、はめ殺し窓とも呼ばれる、開けることのできない窓のことです。

我が家で迷ったのは、以下の場所です。

オープンステア横の大型窓

一条工務店i-smart窓

 

オープンステア正面の3連FIX窓

一条工務店i-smart窓

以上の二ヶ所の窓は、透明なガラスにするかカスミガラスにするか、なかなか決めきれませんでした。

窓ガラスをカスミガラスにした場合の検証

本当に外の汚れを除去できないか

入渠後、台風で窓がひどく汚れたため、高圧洗浄機を購入しました。そして窓の掃除をしてみました。

入居前は二階の窓を掃除するのは不可能だと思っていましたが、高圧洗浄機と梯子があれば、二階の窓の掃除は可能でした。

以下のリンク先に、二階の窓の洗浄についての記事があります。興味がある方はご覧ください。

>> 台風で汚れた窓をケルヒャーで掃除しました

ガラスの外側の掃除ができないと考え、吹き抜けのFIX窓はカスミガラスにしました。しかし掃除ができるとなると、透明ガラスにすればよかったという考えも出てきます。

透明ガラスにすべきか?

一条工務店のi-smartの間取り打ち合わせの時は、掃除ができないことのみの理由でカスミガラスを選びました。しかし入居後には、それ以外にも様々なことがわかってきました。

一条工務店i-smartの窓には、浴室以外のすべての窓にハニカムシェードが付けられます。これを下ろしておくと窓の断熱性能を上げられます。

夏は暑いので断熱性能を上げるため、ずっとハニカムシェードを下げたままにしてあります。冬には寒さ対策として、同じくハニカムシェードは下ろしっぱなしです。開けるべき時は、春と秋のほんの少しの期間しかありません。ハニカムシェードが下がっていたら、窓ガラスはまったく見えません。つまりカスミガラスでも透明ガラスでも関係ないのです。光熱費を節約したいと考える我が家では、吹き抜けの窓のハニカムシェード上げることはほとんどないのです。そうなると、カスミガラスにしたことはほとんどマイナスになりません。

カスミガラスにすべき大きな理由が、実はあるのです。外側は高圧洗浄機で掃除ができます。しかし内側の窓掃除が困難を極めるのです。吹き抜けでオープンステアがあるため、梯子も掛けられません。いかなる方法でも、我が家の吹き抜けの大型窓には、手が届かないのです。これでは、もし内側が汚れた場合どうしようもなくなってしまいます。

このように、新居で生活すればするほど、汚れが目立たないカスミガラスにすることがベストだと考えるようになりました。

以上のような理由から、我が家ではオープンステアのFIX窓はカスミガラスで正解だったと思っています。

窓ガラスまとめ

  1. 二階のFIX窓を掃除するには、二階の窓まで登ることが必要。それを可能にできるコンパクトな伸縮式梯子がある。
  2. 伸縮梯子と高圧洗浄機があれば、二階の窓は掃除できる。
  3. 吹き抜けの窓(室内側)を掃除するつもりなら、梯子を掛けるスペースがあるか確認する。ハシゴが掛けられれば、内側の窓も掃除できる。

以上のことを考えたら、二階の窓もカスミガラスではなく透明ガラスにしてもいいかもしれません。ただしその場合は、二階の窓の高さまで掛けた梯子を登る必要があります。それができる身の軽さも必要です。

上記に挙げたことをすべてクリアでき、光熱費を気にしないのなら、透明ガラスにしてハニカムシェードを開け、開放感を味わうことはとてもお勧めです。