パナソニックドアホン VL‐MWH705は便利機能満載で魅力的

パナソニックのドアホン上位機種には、便利な機能が満載です。グレードによって機能が大きく違い、上位機種(VL-MWH705)を採用すると、三協アルミの玄関ドアに付く電子錠【e-エントリー】とも連携できて、とても便利になります。機種選びでしっかり検討せずに、安価なものに決めてしまってはもったいないですよ。

今ではほとんどの家庭がインターホンにはパナソニックドアホンを採用しているようです。私が新築した一条工務店でも、付けられるインターホンはパナソニックドアホンのみになっています。インターホンと言えば「パナソニックドアホン」と言われるくらいの存在になってるのです。

各グレードでどのくらい機能が違うのか、過去に記事を書いていますのでよろしければご覧ください。

今回は我が家で採用したパナソニックのドアホン、VL-MWH705で、実際に使ってみて感じたことを、画像を交えてわかりやすく記事にしてみました。

 

パナソニックドアホンは上位機種を採用しよう

インターホンはあまりこだわらない方が多いようです。実際に新築した家を見て回っても、上位グレードを採用したところはあまり見受けられません。インターホンに多くの機能を求めないと考えている方がほとんどのようで、高価な機種を付けることなど無駄だと一般的には思われているようです。

しかし声を大にして言いたいのですが、パナソニックドアホンは上位機種がお勧めです。とても便利な機能が満載なのです。

インターホンには多くの機能を求めない方も、パナソニックドアホン上位機種の最新機能を知ったら、考えが変わるかもしれません。私は三協アルミの電子錠と連携が取れる機種を選んで、大正解だと思っています。

パナソニックドアホンVL-MWH705の機能

パナソニックドアホンを三協アルミの電子錠付きドア(e-エントリー)とインターネットを使ってワイヤレスで接続します。そしてスマートホンにドアホンコネクトというアプリを入れて、インターホンと接続します。

これでスマートホンを使ってインターホンのカメラから見える画像を確認するだけでなく、三協アルミの電子錠をコントロールできたり、防犯センサーからの警報を受け取ったりできるのです。

留守にしてもスマートホンで来客者の対応ができる

家を留守にしても、スマートホンで来客者の対応が可能です。

スマートホンでドアホン着信

来客者がインターホンの子機のボタンを押すと、スマートホンに通知が入ります。アラームが鳴り、通知画面が表示されます。画像は私のスマートホンに来客者が映っているものです。

通知は動画で配信され、会話が可能です。インターネットが使える環境であれば、海外にいても来客者の対応が可能になります。

外出先からインターホン子機や増設したカメラの映像を確認できる

外出先から設置してあるカメラの映像を確認できます。

スマートホンでドアホンモニター確認

これはインターホン子機の画像です。インターホン子機から見える範囲は、いつでもどこでもスマートホンで確認が可能です。

もしパナソニックのワイヤレスカメラを家に接続している場合、インターホンにそのカメラを登録すれば、ワイヤレスカメラの映像もスマートホンで確認することができます。

スマートホンでドアホンカメラ確認

我が家では玄関と勝手口にパナソニックのワイヤレスカメラが設置してあります。このカメラを上画像のようにいつでも確認ができます。

誰も来ないのにパナソニックドアホン子機が撮っている画像や、ワイヤレスカメラの画像を見ることはあまりないでしょう。しかし室内の様子を確認したいことは、家庭によってはあるかもしれませんね。高齢の方がいる場合など、家の中の様子を知りたいことがあるかもしれません。このような場合は、室内にパナソニックドアホン対応のカメラを設置しておき、それをドアホン親機に登録すれば、スマートホンで確認できます。

スマートホンでドアホンの施錠、開錠ができる

スマートホンアプリ、ドアホンコネクトでドアホンの施錠、開錠ができます。どこにいても施錠されているか確認できます。

鍵の閉め忘れがあった場合は施錠することができます。

スマートホンでドアホン電子錠

上図で、電子錠1が開錠されている図になっています。家が留守で誰もいない場合は、施錠忘れということになります。施錠状態をスマートホンでいつでも確認できるので、施錠忘れがあれば、ただちに施錠することができます。

スマートホンでドアホン電子錠操作 スマートホンでドアホン電子錠施錠

施錠するのには条件はありません。どんな状態でも施錠することができます。しかし開錠するのには条件があります。

ドアホンの玄関にある子機のボタンを押されたとき、スマートホンにその着信が入ります。その状態でないと、開錠はできないのです。

スマートホンにドアホンから着信

来客者などが、パナソニックドアホン子機のボタンを押すと、スマートホンアプリのドアホンコネクトに「着信中」という表示が現れます。この状態になった時に、開錠ができます。

ドアホンの解錠確認 ドアホン開錠中 ドアホン開錠

信頼できる来客者があった場合は鍵を開けることができます。家族の誰かが締め出しされた時も、開錠してあげることができます。

宅配があって家に誰もいない場合も、ドアを開けて家の中に荷物を運び入れてもらい、宅配業者が家を出てから施錠することもできます。

ドアホンの施錠開錠が遠隔でどこでもできることは、様々な使い方ができてとても便利です。この機能があると、玄関ドアのカギを紛失した時でも、自分がアプリを入れたスマートホンを持っていれば、自分で鍵を開けることができるのです。

いかがでしょうか。この機能があると、とても便利だと思いませんか?

スマートホンを子機の代わりに使う

二階で生活していると、来客時にドアホンの音が聞こえなくて、接客できないことがあることがあります。何気にこれは不便なことです。

我が家では同居している母は、主に二階の自室で生活していて、ドアホンのチャイムが聞こえず、家にいるのに訪問者の対応ができないことがあります。

この対策として、子機を増設することが一般的のようです。

しかし子機は高いのです。VL-MWH705対応の子機は、20,000円以上します。そこでスマートホンを子機の代わりに使うことにしました。

スマートホンは新品で購入すると、海外物で品質的にも怪しい製品が8,000円くらいします。そこで中古で購入しました。あまり古いものだとバッテリーが消耗しているかもしれません。私はそれほど古くない、2015年度のシャープアクオスホンを購入しました。

スマートホンに入れるアプリは「ドアホンコネクト」を入れてください。「ドアホン」というアプリもありますが、これはスマートホンの登録ができません。

アプリを入れたスマートホンを自室に置いておけば、インターホンの呼び出し音もしっかり聞こえます。

20,000円以上も出して子機を購入するよりも、安いスマートホンを買ってアプリを入れて使った方がお得ですよ。

セキュリティーシステムの構築

VL-MWH705は本格的なセキュリティーシステムが構築できます。

窓にセンサーを取り付けておきます。

窓を開けられたら、スマートホンに着信が入ります。外出先でも空き巣の侵入を知ることができるので、直ちに警察に通報できるのです。
センサーは4,000円以内で購入でき、それほど高価ではありません。そして家全体で50個も同時に登録することができます。一般的な家であれば、窓が50を超えることはないので、すべての窓にセンサーを付けることができます。

セコムへの加入も考えていましたが、インターホンにはこのような機能もあることを知ったので、加入を見送りました。このセキュリティーシステムは、空き巣対策にかなり効果的なのです。

画面が大きいのは素晴らしい

我が家のVL-MWH705は、画面がとても大きいです。画像の確認でも、大きな画面のためとてもやりやすいです。

ドアホンVL-MWH705親機

VL-MWH705の親機モニターは、縦84mm、横153mmの画面大きさがあります。この大きさであれば、人の顔などかなりしっかりと確認できます。

ただしあまりにも親機が大きいので、他の壁付け機器と比べると一つだけ大きくなってしまうため、リモコンモニター等を一ヶ所にまとめて付けた場合、全体のバランスが悪くなるかもしれません。

一条工務店i-smartリモコン

パナソニックドアホンまとめ

パナソニックドアホン、VL-MWH705は、スマートホンでできることが素晴らしすぎます。遠くにいても来客の対応ができ、玄関ドアの施錠も開錠もできるのです。

その上、かなり使えるセキュリティーシステムが組めてしまいます。

これから家を建てられる方は、パナソニックドアホン上位機種にはこのような機能があることを認識していただくと、機種選びも楽しくなるのではないでしょうか。