壁掛けテレビはお勧めです!! 見栄えだけじゃない意外な機能も!

新築した一条工務店i-smartに、パモウナOVのテレビボードを購入し、壁掛けテレビにしてみました。

パモウナのテレビボードを購入したので、壁掛け金具もパモウナのものを選びました。XW-2というものですが、パモウナのテレビボードだけではなく、壁掛けテレビができるよう、補強がされている壁であればどこでも取り付けが可能です。

壁掛けテレビにするための施工は、思ったよりも簡単で、一人でもできます。取り付けてわかったのは、パモウナはテレビボードを壁掛けにすることについて、とてもよく考えているということです。取り付けも簡単ですし、機能も優れています。

パモウナのテレビボードにテレビを取り付ける方法や使い勝手について、紹介します。

 

テレビを取り付ける壁

パモウナのテレビボードは、テレビボード本体にテレビを取り付けるものです。私の家は一条工務店のi-smartですが、一条工務店オリジナルテレビボードを付ける場合、テレビボード中央に空きがあり、そこにテレビを取り付けることになります。つまり家の壁に壁掛けテレビ用の金具を取り付けるのです。

一条工務店の外壁は、分厚い断熱材が入れられています。テレビのための壁補強は、普通の壁補強と違い、とても暑い板を壁に入れることになります。そのため取り付ける壁が外壁だった場合、断熱材をたくさん削ることになり、家の断熱性能が落ちます。我が家もテレビ取り付け位置が外壁だったため、壁掛けテレビ用の特別な壁補強をすることは奨められませんでした。

注意しなければならないことは、一条工務店で普通の壁補強した場合の板は、1.2mmの厚さになります。この厚さでは、壁掛けテレビにした場合、耐えられる強度が出ません。壁掛けテレビにする場合は、あらかじめ「テレビを付けるために、特別な壁補強をしてほしい」とハウスメーカーに伝えておく必要があります。

しかし、パモウナのテレビボードを購入した場合、壁補強する必要はなくなります。パモウナのテレビボードは、テレビボード自体に壁掛け金具をネジ止めすることになるのです。壁にはネジ止めしないので、壁補強の必要がないのです。

パモウナテレビボードの壁掛け金具

パモウナテレビボードには、壁掛け金具が用意されています。XW-2という品番の物です。

安いものではありませんが、作りがしっかりしていて強度的な不安を感じることは一切ありません。

壁掛け金具を使って壁掛けテレビにする

この壁掛け金具は、一般的な壁掛け金具と同様に、アーム部とテレビに取り付けるブラケット部が分かれています。テレビボードに取付穴があります。この穴にはネジが切ってあるので、加工せずにそのままネジ止めできます。

矢印部分に水平器を置いて、水平を出しながら取り付けます。

パモウナ壁掛けテレビ水平器位置 パモウナ壁掛けテレビ水平器

水平器は付属しています。アームの取り付けは一人で行うことは可能です。ただし最初だけはアームを支えてくれる人がいると、さらに簡単にできます。

取り付けは4個所ボルト止めするだけです。とても簡単です。

テレビにブラケットを取り付けます。矢印の長い金具がブラケットです。2つ取り付けます。パモウナ壁掛けテレビブラケット

アームの矢印部分に、テレビに付けたブラケットを引っ掛けます。我が家では50インチのテレビですから、一人で引っ掛けることは難しくありませんでした。

パモウナ壁掛けテレビテレビセット

上を引っ掛けると、下のロックが簡単に掛かります。これでテレビの取り付けは完了です。特に難しいことはありません。

パモウナ壁掛けテレビロック パモウナ壁掛けテレビコード隠蔽

上図は上から見たものです。少しわかりにくくて申し訳ないのですが、アームにはカバーが付けられます。このカバーに配線を入れると、配線が垂れ下がることなくテレビまで持って行くことができます。テレビの後ろ側で見えないとはいえ、配線が隠れてとてもスマートです。

パモウナ壁掛けテレビ可動範囲

テレビは最大で450mmほど前に引き出せます。これだけ引き出せると、配線も簡単にできます。テレビまで取り付けた後に配線することをお勧めします。

パモウナ壁掛けテレビロック解除ひも

テレビの下に垂れ下がっている2本のひもは、テレビを固定するロックを解除するものです。引っ張るとロックが解除され、簡単にテレビを取り外すことができます。

パモウナ壁掛けテレビロック解除

このひもは先端のプラスチックに磁石が入っており、垂れ下がらないように金具に貼り付けておくことができます。

パモウナ壁掛けテレビロック解除ひも固定

それほど苦労することもなく、テレビを取り付けることができました。壁掛けテレビにすると、テレビの足がなくなってすっきりしますね。

パモウナ壁掛けテレビ完成

壁掛けテレビの使い勝手

壁掛けテレビの使い勝手は、とてもいいです。

パモウナ壁掛けテレビ横から

キッチンで調理中にテレビを見る場合、普通の状態だとテレビの画面に何が映っているのかよくわかりません。

パモウナ壁掛けテレビ角度変更

しかしテレビを引き出してキッチン側に向けると、なにが映っているのかしっかりわかります。料理をしながらテレビが見られるのです。

パモウナ壁掛けテレビ可動域

テレビの角度は上画像のように変えることができます。かなり角度を変えられることがわかりますね。

耐荷重

耐荷重は50kgまで、大きさは65インチまでとなっています。60インチクラスのテレビであれば、50kg以内の物が多いです。我が家では50インチで40kg程度なので、まつたく問題ありません。

微調整

壁掛けテレビにした後、正面から見てテレビが傾いていることに気づくことがあると思います。

パモウナ壁掛けテレビ位置調整

また上下方向の角度の傾きもあるかもしれません。

パモウナ壁掛けテレビ位置調整

このような傾きは、アーム中央にある二つのナットを緩めて調整することができます。

パモウナ壁掛けテレビ位置調整ボルト パモウナ壁掛けテレビ位置調整ボルト

この調整では、左右の傾きも、上下の傾きも、どんな傾きでも調整することができます。調整範囲はかなりあるので、少々傾いた状態になった場合も、ここで正しい位置に戻すことができます。

調整はテレビを手前に引き出して行えば、容易にできます。

壁掛けテレビまとめ

以上、壁掛けテレビ施工について紹介させていただきました。

この壁掛け金具は、取り付けるのも容易ですし、取り付け後の配線のしやすさも、配線取り回しの処理も、かなり考えられていて文句のつけようがありません。

また手前に大きく引き出せることで、テレビの角度を変えることができます。我が家では紹介したとおり、キッチンからテレビが見られるようになりました。壁掛けテレビにすることは、設置がすっきりするだけでなく角度を変えられるというとても便利な機能が追加されます。

パモウナの壁掛け金具は、パモウナのテレビボードでなくても取り付けが可能です。

パモウナ壁掛けテレビ取り付けボルト

我が家で壁掛けテレビにしたあと、残った部品です。これだけのボルトやワッシャーが余りました。これらのパーツを使えば(補強されている壁てあれば)、どこでも取り付けることができます。パモウナのテレビボードに取り付けるのであれば簡単にできますが、少し手間を掛ければ、パモウナのテレビボードでない場所でも取り付けられるのです。

パモウナのテレビボードを購入した方は、ぜひ壁掛けテレビにしてみましょう。パモウナのテレビボードでなくても、この壁掛け金具は優秀なのでお勧めです。