浴室は標準品だけでも豪華すぎです! 一条工務店i-smart

一条工務店のi-smart浴室はとても充実しています。標準でもとても豪華な使用になっています。リクシルなどの高価なバスシステムを込み込んだと思えるくらい、豪華な浴室は、他のハウスメーカーでは相当な金額を出さなければできないものでしょう。

今回はこの浴室を紹介します。窓やバスルームの色など、選択できる設備の選ぶポイントも載せました。

 

はじめに

一条工務店では家の仕様は次々に改善がされています。住宅展示場では、古い仕様のままのものも多く、最新の仕様を見ることができないことも多いのです。

我が家が完成したのが2018年6月で、その時点での最新使用の浴室を紹介します。

浴室標準仕様

まずはi-smart標準の仕様を紹介します。

天然御影石カウンター

浴室正面には、御影石で作られたカウンターがあります。御影石ですからとても高級感がありますね。

一条工務店i-smart浴室カウンター

一条工務店i-smart浴室鏡

一列すべて鏡なのは壮観ですね。

シャワーレール

バスタブの横に付けられます。

一条工務店i-smart浴室シャワーレール

しっかりした取り付けになっているため、手すりにもなります。メッキがとてもきれいです。

ヘッドホルダー

以前は一つだけしか付けられていなかったようですが、現在は二つ付けられています。

一条工務店i-smart浴室シャワーヘッドホルダー 一条工務店i-smart浴室シャワーヘッドホルダー

座ってシャワーを浴びる時は下のホルダーを使い、立ってシャワーを浴びる時は上のホルダーを使います。ホルダーは自由に上下移動させることができます。

タオル掛け

標準で2つ付いてきます。

一条工務店i-smart浴室タオル掛け

増やすことはできません。位置の変更もできないようです。しかしタオル掛けの幅は580mmあり、タオルは二つ並べて掛けられます。

ステンレスラック

シャンプーなどを置いておくステンレスのラックが、水栓の上に付けられていました。

横のタオル掛けに付けることができると紹介されているブログを拝見し、とてもいいアイデアですから我が家でもそのネタを使わせていただきました。浴室正面がすっきりします。

一条工務店i-smart浴室ステンレスラック一条工務店i-smart浴室ステンレスラック移動

左が本来の取り付け位置です。右が移動させたところです。正面がすっきりして気持ちがいいです。シャンプーなども取りやすいです。ラックの移動は家族にも喜ばれています。

換気扇

換気扇は中央に取り付けられています。

一条工務店i-smart浴室換気扇

この位置は変更できません。中央にしか取り付けられません。

ランドリーパイプ

ランドリーパイプが二本標準で付きます。(一本は洗面所で使っているため、浴室には一本しか付けられていません)

一条工務店i-smart浴室ランドリーパイプ

取り付け位置は3ヵ所です。壁からの位置は、100mmと250mmと700mmになります。一番奥でも壁から100mmありますから、一般的なハンガーを使って洗濯物を干すことができます。

 

以上が一般的なi-smartの浴室の仕様になります。

浴室で選択できる設備

ここからは一条工務店i-smartの標準仕様の中で、選択肢のある設備の紹介です。

浴室の広さ

浴室の広さが選択できます。一条工務店のi-smartでも、1坪と1.25坪の二つが選べます。一条工務店の展示場では、おそらくすべてが1.25坪の浴室になっていることと思います。

私が新居に入居する前の賃貸マンションは、1坪の浴室でした。我が家では子供が生まれたばかりなので、今後は子供と一緒に風呂に入ることも多くなります。そのようなことを想定して、1坪の浴室を使用していましたが、やっぱり1坪で2人が一緒に体を洗うのは厳しいです。

1.25坪の広さですが、実測では横幅が2,005mmで、奥行きが1,601mmになりました。すると3.210005㎡になり、1.25坪には到底及びません。(1.25坪は4.132238㎡が正しい面積です) 1.25坪という表記は、実測の広さではなく、一般的な建築基準で1.25坪と言っているだけのようです。

1坪の浴室と1.25坪の浴室の違いは、洗い場の違いです。バスタブの大きさや洗い場の奥行きは変わりませんが、洗い場の幅が40cm狭くなります。

 

洗い場の広さを比較した画像を作ってみました。1.25坪で、洗い場が120cmある状態です。

浴室幅1.25坪

 

1坪で洗い場が80cmになるよう、風呂の蓋を置いてみました。80cmでは子供と一緒に風呂に入るのはかなり厳しいように見えます。

浴室幅1坪

浴室の広さに迷われている方は、実際に160cm×120cm(1.25坪の洗い場)と160cm×80cm(1坪の洗い場)のスペースを作って確認されるといいでしょう。

ただし浴室を広くすると、建坪数は上がって費用がかさみます。そして他の部屋との兼ね合いがあるので、簡単には間取り打ち合わせの後半で浴室を広くすることが難しくなることもあるでしょう。広い浴室を求めるのなら、間取り打ち合わせの初期にその気持ちを設計士さんに伝えておく方が、スムーズに間取りが決まることになります。

バスタブの種類

オプションで半身浴タイプのバスタブも選べますが、我が家は標準の「スクエアタイプ」です。

バスタブの色

バスタブの色は「ホワイト」「ブラック」のどちらかを選べます。我が家ではホワイトにしました。ブラックもシックで好みなのですが、汚れが目立ちそうです。ホワイトは明るくて清潔感があり、とても気に入っています。

一条工務店i-smart浴室バスタブ

バスタブの底には滑り止めの凸が付けられています。

一条工務店i-smart浴室バスタブ底

浴室の色

一条工務店のi-smartでは、浴室の色は「ウッディ・ホワイト」「ウッディ・ナチュラル」「ウッディ・ブラウン」の3つから選べます。

シックで感じがいいのはウッディ・ブラウンですが、汚れが目立ちそうでした。我が家ではウッディ・ナチュラルにしました。床面の汚れが目立たないので必要以上に気を使うことがなく、快適です。

一条工務店i-smart浴室床

床面はたとえ汚れていても気付かないと思われる色使いです。

一条工務店i-smart浴室床拡大

濃色のバスタブや床の方がシックでいいと思うことがあるかもしれません。しかし生活していると、ベージュの床面は汚れが目立たないので本当にありがたいです。

最初は「毎日きれいに掃除するから床面が黒でも問題ない」と思っていても、突然介護が必要になる家族ができたとか、誰かが病院に入信したとかの理由で、掃除をする時間もないという状況になるかもしれません。そのようなことになると、浴室を毎日拭き掃除する気力もなくなる可能性があります。そうなったら毎日しっかり掃除できなくなり、濃色のバスタブや床面だと、汚れが目立ってストレスが溜まります。汚れが目立たない浴室にすると、掃除しなくてもストレスは溜まらないでしょう。

我が家では育児で夫婦ともに大変な状況です。隅々まで毎日掃除ができないこともありますので、汚れの目立たない浴室は、我が家にとっては最高なのです。

バスタブの蓋

一条工務店のi-smartでは、バスタブの蓋は取っ手付きの物と、取っ手なしの物が選べます。取っ手なしの物の方が厚いうえに、取っ手の部分がえぐられていないため、断熱性が高いです。

しかし取っ手のないものは重量もありますし、取っ手がないので使いにくいです。

一条工務店i-smart浴室バスタブ蓋

我が家では画像の通り、取っ手付きの物を採用しました。一人で住むのでしたら自分の好みで断熱性の高いものを選びたいところでした。しかし母や子供は重くて取っ手がないと使いにくいでしょう。お湯の冷めにくさにはあまり差がないとの説明でしたから、取っ手付きの物を選びました。

蓋はバスタブ側面の壁に二枚まとめて置けるようになっています。

一条工務店i-smart浴室蓋収納

フックに乗せておくことができるので、バスタブとの隙間があります。バスタブの掃除も簡単にできます。

一条工務店i-smart浴室蓋支え

私のお世話になっている一条工務店の展示場は、i-smartです。しかし古いタイプの浴室のため、蓋がバスタブに直接置かれていました。その後改善が行われ、画像のようにバスタブに直接蓋を置かないようになりました。細かいところをすぐに改善していく一条工務店の姿勢は、評価できますね。

入り口ドア

入り口ドアは一枚ドアにしました。一条工務店のi-smartでは、オプションで親子折れ戸が付けられます。

一条工務店i-smart浴室入ドア

開き戸は大きいので、開けるためには椅子などを奥に移動させなければなりません。扉の動く範囲には物が置けないのです。折れ戸は扉の動くスペースが2/3以下になりますので、折れ戸の方が使い勝手はいいでしょう。

以前住んでいた賃貸マンションは1坪の洗い場でしたが、折れ戸になっていました。洗い場が狭いと、折れ戸の方が物の置けるスペースが取れるので便利です。1坪の浴室を選んだ方は、折れ戸にしたほうがいいでしょう。

しかし1.25坪の浴室の洗い場は広いです。オプションで折れ戸を選択しなくても、充分な広さがあります。折れ戸にすると掃除も面倒になりますので、1.25坪の浴室を選んだ方は、標準の開き戸でいいのではないでしょうか。

照明

一条工務店のi-smartでは、防湿のダウンライトが付けられます。

一条工務店i-smart浴室照明

色は電球色と昼白色が選べます。浴室の照明は、くつろぐことを考えて電球色にされる方が多いようです。我が家では妻と話し合った結果、くっきりと物が見える昼白色にしました。

我が家では入浴はシャワーで済ませることが多いので、あまりくつろぐことは考えていません。クリアーな色が我が家には適しているのでしょう。

窓の種類

 

我が家の窓はJK2042U(B)N+681 を選びました。引き戸、開き戸などいくつかの種類が選べます。我が家でJK2042U(B)N+681を選んだ理由は、以下の理由です。

  1. 窓を引き戸にすると気密性が落ちる
  2. 大きすぎる窓は、断熱性能が落ちる
  3. この窓を選ぶと、バスタブに入ったまま窓枠に物を置くことができる。
一条工務店i-smart浴室窓

大きいほうが昼間は光がたくさん入り、浴室が明るくなります。しかしこの大きさの窓でも外から光はしっかり入りますから、まったく問題ありません。

 

一条工務店i-smart浴室窓枠

一条工務店のi-smartでは窓枠の天板には御影石が使われています。とても豪華に見えますね。

もう一つ小さな窓も選択できますが、窓枠の位置が高くなりすぎて、物が置きにくいです。この窓を選ぶとバスタブから窓枠の天板まで310mmくらいになりますから、バスタブに入ったまま物を置いたり置いたものを取ったりできます。

窓ガラス

窓のガラスはブラインド入りのペアガラスにしました。これは一条工務店のi-smartの浴室のスタンダードな窓ガラスになります。

他の窓と同様のトリプルガラスも選べますから、どちらにするかかなり迷いました。カスミガラスにしても外から人のシルエットは見えてしまいます。ブラインド入りガラスにして、ブラインドを使えば中はまったく見えなくなります。断熱性能を考えたらトリプルガラスなのですが、外から見られることを考えるとあまり落ち着いて入浴できません。

ブラインド入りのペアガラスですが、ブラインドを動かすことはまずありません。ずっと締め切ったままです。それでも昼間は光は充分入ってきます。開け閉めがないのであれば、カスミのトリプルガラスにしておき、外からシルエットが見えるのであればフィルムを貼るなどして対策してもよかったのかもしれません。

浴室に付けたオプション

一条工務店のi-smartでは浴室の装備は充実しているので、オプションを付けることはほとんどないと思います。我が家では2つだけオプションを付けました。

シャワーレール

我が家の浴室では、シャワーレールを左隅に取り付けました。

一条工務店i-smart浴室オプション

5,000円のオプションです。はっきり言って、絶対に必要なかったと言い切れます。

180cmを超える人が、立ってシャワーを浴びたいと考えた時は役に立つかもしれません。しかし標準のシャワーレールよりもわずかに50mmほど高いだけなので、あまり意味はないでしょう。付けたら掃除する箇所が増えて面倒になるだけです。

網戸

夏には風通しを良くするために時々浴室の窓を開けたことがあります。その時には網戸がないと困ります。浴室とはいえ、念のため窓には網戸を付けることをお勧めします。

浴室で行ったDIY

自分で手を加えたのは、吐水口です。

一条工務店i-smart浴室吐水口

どこから水が出るのかわからないくらい、吐水口に存在感がありませんし、使い勝手も悪いです。

 

吐水口を取り換えました。

一条工務店i-smart浴室吐水口

アーム付きの吐水口にしたため、見栄えも使い勝手も大幅に向上しました。

この内容は以下のリンク先に記事があります。興味のある方はご覧ください。

まとめ

一条工務店i-smartの浴室を紹介しました。

この豪華な浴室がほとんど標準仕様です。

i-smartの坪単価は高いと言われますが、標準仕様が充実していることを考えると、コストパフォーマンスはとてもいいと考えています。

ぜひ展示場で、この豪華な標準仕様のバスルームを確認してみてください。