おしゃれなリビング階段 でもデメリットがあります!

新築する間取りにリビングに階段を組み込むことは、おしゃれでいいものだと考える方は多いですね。しかしリビング階段にはデメリットがあります。

もちろんおしゃれで使いやすいという、他の何にも代えられないほどの強いメリットもあります。

広い部屋と階段

しかしメリットばかりを考えてデメリットを考えなかったため、入居してから後悔する人も少なからずいます。

リビング階段のデメリットは、最初から理解したうえで採用することをお勧めします。

 

リビング階段のデメリット

別階の音が聞こえてしまう

一階リビングで出した音が二階の寝室に聞こえて困るという話はよく聞きます。逆に二階の子供部屋で子供がはしゃぐ声が、一階に届いて不快になることもあります。

リビング階段にして最も気になったことは、音の問題だったという話はよく聞きます。

特に夜の仕事がある方がいる家庭では、音の問題を考慮して間取りを決めることが重要です。

冬の暖房効率が低下する

リビングの暖房の暖かさが、階段から二階に逃げてしまいます。このためリビングがなかなか温まらず、電気代も多くかかるようになります。

注意しなければならないのは、高気密高断熱で家中を暖房している住宅であるかどうかです。この条件であれば暖房効率の低下は最小限で抑えられるのかもしれませんが、そうではない場合は、かなり気になることになるようです。暖かい空気がすぐに上に逃げてしまい、エアコンはいつも最大出力で作動しているという状況は、電気代も跳ね上がって精神衛生上よくありません。リビング階段にすると冬の暖房効率が低下することは、絶対に意識したうえで間取りを考えておきましょう。

私は一条工務店のi-smartで家を建てました。同じように一条工務店のi-smartで家を建てた方のブログでは、リビング吹き抜けやリビング階段を採用している方が多く、とても快適に生活されている様子が紹介されています。しかしどの家もこのような状況ではないことを理解しておく必要があります。

一条工務店の家は全館床暖房が付けられており、家じゅうどこも同じように暖かいです。そのためリビング吹き抜けやリビング階段でも、寒さを感じることなく快適に過ごせるようです。このような家でない限り、冬の暖房効果が低下することは間違いないことは、忘れないほうがいいでしょう。

ボックス階段であれば仕切りやカーテンを付けるなどして、暖かい空気を留める対策をしている家庭もあります。しかしオープン階段の場合は簡単には対策できませんので注意が必要です。

キッチンでの調理する臭いが届いてしまう

キッチンと階段が近い場合、調理中の臭いが二階まで届いてしまいます。これが結構気になるものなのです。特に女性の方は、自分の部屋まで魚の焼いた臭いなどが漂ってくることに不満を感じるようです。

臭いの問題は軽視してはいけません。

なお、キッチンでの調理中の臭いが拡散しないように、我が家で行った対策について紹介した記事があります。興味のある方はご覧ください。

LDKでのんびりとくつろげない

家族がくつろぐ空間であるリビングですが、子供の友達が遊びに来るたびにそこを通るのでは、安心してくつろげない可能性があります。

子供の友達が遊びに来てリビング階段を上がって二階の子供部屋にいる場合、その友達が帰るまでは、「いつ友達がこのリビングを通って帰るかわからないから気を抜けない」と、気楽にくつろぐことができなくなるかもしれません。

家を建てる時には気づきにくいことですが、そのようなこともしっかり考えて、リビング階段を採用したほうがいいでしょう。

リビング階段のメリット

もちろんリビング階段のメリットもあります。

  • 何といってもおしゃれで格好いい!!
  • 子供が家に帰って来た時、家族と顔を合わせずに二階の自分の部屋に行ってしまうことがない
  • うまく設置すると建坪面積を少なくすることができる

以上のメリットのため、リビング階段を採用する方は多くなっているようです。デメリットを考えたうえで、メリットの方が上回ると感じる方は、リビング階段の採用は躊躇う必要はありません。

リビング階段と子供

子供の教育上、学校から帰ってきて家族と顔を合わせずに自分の部屋に行ってしまうことは、あまり好ましいことではないかもしれません。

良くない友達が知らない間に我が子の部屋に集まっていることだってあるかもしれないのです。子供がグレないように考えるのは、親として当然のことですね。

我が家では子供が生まれたばかりです。今後のことを考えると、学校から帰ったら、必ずリビングを通って自室に行ってほしいという考えも少しはありました。

しかしそれってそれほど重要なことでしょうか? 帰宅した時リビングを通ることにして親と顔を合わせるようにしても、子供が親とコミュニケーションを取りたくなければ、顔も見ずに無言で自室に向かうだけかもしれません。毎日子供が帰宅した時、強制的に顔を合わせる機会を作るよりも、立派な子に育つよう親がしっかり教育すればいいのではないでしょうか。

そのような考えがあったので、我が家ではリビング階段にしませんでした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください