シンプルなLDKこそベスト! 一条工務店i-smart

一条工務店i-smartで建てた我が家の間取り紹介です。LDKは、とても単純な形状をしています。ただの長方形なんですね。しかしこの形状は、とても過ごしやすくて便利なのです。

形状こそ単純ですが、考え抜いたLDKの間取りについて、紹介させていただきます。

 

見通しの良さ

我が家のLDKで最も気に入っていることが見通しの良さです。形状はただの長方形で、実に単純な作りです。長方形のスペースに、キッチン、ダイニング、リビングと並んでいるだけです。

この単純さのため、とても見通しが良くて使いやすいです。

一階の間取り

上画像では、赤枠内部がLDKとなります。

長方形のスペースですから、どこからもすべての場所を見渡すことができます。

上画像はキッチン側から見たLDKですが、キッチン側からもリビングまですべて見渡せます。これは子育ての時には特にありがたいものです。料理をしている時も、子供がどこにいても行動をしっかりと監視できます。

レンジを使っている時も、一条工務店i-smartのオリジナルオイルガードを取り去り、自作の透明なオイルガードを付けています。オイルガードが視界を遮ることにはなりません。

キッチンオイルガード

※自作オイルガードの記事が以下のリンク先にあります。興味のある方は是非ご覧ください。

各設備の配置等

入り口ドア

玄関からLDKに入るドアは、一条工務店オリジナルの大型扉であるスリットスライダーになっています。これを採用したのは、壁の強度を上げるためです。スリットスライダーにすると、引き込み部の壁が耐力壁にできるのです。強度的な理由でスリットスライダーにしたのですが、機能的にもビジュアル的にも大正解でした。

スリットスライダーは天井まで届く大きなドアになります。とても見栄えがいいのです。

スリットスライダー

このドアから入ると、いきなりダイニングテーブルが現れます。これは間取り的に避けたいパターンだと言われています。家族で食事をしているところに、客が入ってくることがあるわけですから、お互い気まずくなりますね。

しかし他の配置を考えると、この位置に入り口ドアを付けるしかありませんでした。

あまりよくない間取りなのですが、対策は取っています。ドアからテーブルまでの距離に余裕があるようにしてあります。ドアからは1000mmの距離を取ってありますから、入って来た人は、「目の前にダイニングテーブルがある」という感覚は薄れると思っています。

ダイニングの照明位置

ダイニングテーブルの真上に、照明を付けてあります。照明はシーリングライトで、自分で購入して取り付けました。

難しいのは引っかけシーリングコンセントの位置です。この位置がダイニングテーブルの中心に来なければ、見栄えが悪くなってしまいます。

しかし間取りを考えている時には、ダイニングテーブルをどこに置くのか決めるのは非常に難しいです。テーブルはいくらでも動かすことができますが、照明の位置は簡単に動かすことができません。照明を取り付けるシーリングコンセントの位置を決めるのは大変なのです。ドーム型の照明であれば、少々テーブルとの位置がずれていても気になりません。しかしペンダントライトなどのおしゃれな照明を取り付ける場合は、きっちりとダイニングテーブルの中心に証明がないと、おしゃれさが半減してしまいます。

とはいえ位置は決めなければいけません。私は一条工務店の設計士さんに、位置を任せてしまいました。

自分で決めるよりも、経験豊富な設計士さんの方が正しい位置に設定してくれるとの判断です。

結果は大正解でした。テーブルを自分の希望位置に置くと、中心の真上にダイニングの照明があります。

ダイニングテーブルの上に照明を付ける方は、位置に注意してください。どうしても自分で考えられない方は、設計士さんに任せるのも手だと思います。

ダイニングのスペース

ダイニングテーブルを置いた時、その周りが狭すぎて通りにくいことを避けたかったので、ある程度のスペースを確保してあります。

ダイニングテーブルは1,800mm×650mmです。

ダイニングレイアウト

椅子をテーブル内に引き込んだ状態ですが、キッチンとテーブルの間は868mmあり、玄関に続くドアとの間も1,000mmあります。トイレ側の壁までの距離も、1,228mmあります。

これだけの空きスペースを確保すると、通るのにはまったく問題ありません。

リビングの広さ

リビングには入居後に購入したソファーと、テレビボードがあります。ソファーからテレビの距離は、2,447mmあります。この距離だと60インチのテレビでも問題なく見ることができます。

※テレビを見る推奨距離については、以下のリンク先に記事があります。ぜひご覧ください。

リビングにはパモウナのテレビボードがあります。壁面収納のテレビボードなので、強い存在感があります。

装飾棚も付けたので、高級感が増しました。

一条工務店には壁面収納のオリジナルテレビボードがオプションで用意されているため、あまり一条工務店以外の壁面収納のテレビボードを付ける方はいないようです。しかしこのテレビボードは、一条工務店のオリジナルテレビボードよりも高級感がありますから、テレビボードを選ぶ際には候補に入れてみてはいかがでしょうか?

※以下のリンク先に設置したパモウナテレビボードの記事があります。興味のある方はご覧ください。

まとめ

大まかに我が家のLDKについて紹介させていただきました。

子育てするのに子供を監視できることはとてもありがたいことですが、それ以外にも大きな利点があります。このLDKならば、料理している人からその他の人がいつもしっかり見ることができ、会話ができるので、1人で孤独に料理を作ることがありません。

長方形のLDKはお勧めです。他の部屋との兼ね合いもあるでしょうが、この単純な形状のLDKにすると、とて満足できる空間を作れます。