温湿度計(外気温も測れるもの)を購入しました i-smartではあるととても便利!

温湿度計を購入しました。室内だけでなく、ワイヤレスの子機を室外に置くと、室外の温湿度も部屋にいながら簡単に確認できるものです。

購入したのは、シチズンのコードレス温湿度計 THD501です。これがなくてはならないほど本当に便利なものなのです。

 

温湿度計は一条工務店よりプレゼントされる

一条工務店i-smartで家を建てると、一条工務店より温湿度計がプレゼントされます。

頂いた温湿度計は2種類です。

家の中の温度や湿度は常に確認したいので、温湿度計がプレゼントされることはとてもありがたいです。しかしこの温湿度計だけでは、室外の温湿度がわかりません。

一条工務店i-smartを建ててから、最初の冬がやってきました。この冬を快適に過ごすため、温湿度計を購入しました。

なぜ温湿度計が必要なのか

一条工務店でプレゼントされる温湿度計は、置いたその場の温湿度を測定するものです。家の外の温湿度を知るためには、家の外に置く必要があります。

室外の温湿度が知りたい理由は、一条工務店の家が床暖房を使うととても快適であるがゆえなのです。

寒い季節に家の外に出るとき、外気温に合わせて服を選びます。外気温が正確にわからないと、服選びが難しいのです。一条工務店i-smartでは、室内は冬でも床暖房で快適そのものです。外気温がどれほど低くても、室内はいつも春のようにぽかぽかで快適なのです。そのため家の中にいると、外の正確な外気温がわかりません。

そのため、寒いと思って着込んで外出すると、思いのほか気温が高くて汗をかいてしまうことがありました。私は仕事に行くのには、健康のため自転車を使っています。途中で暑くなり、止まって服を脱ぐこともよくありました。

また、生まれたばかりの子供のためにも、乾燥した空気の中での生活は避けたいです。正確な室内の湿度を知る必要もありました。

以上の理由で、室内と室外の両方を知ることのできる温湿度計が必要になりました。

購入した温湿度計

購入したのは、シチズンのコードレス温湿度計 THD501です。

この機種は一条工務店のi-smartでブログを書かれている方の間でも人気の機種です。多くの方が使用しており、絶賛されています。しかしインターネット上の情報はちょっと古いものもあり、もしかしたら現在(2019年2月)では、もっといい製品が発売されているかもしれないと考えました。

そこでコードレスの温湿度計の情報を集めてみましたが、値段と性能を考えると、これ以上の機種は見つかりませんでした。

シチズンコードレス温湿度計 THD501

親機と子機の2つがセットになっています。

表示は大きくて見やすいです。上段が室内の温湿度、下段が室外の温湿度となります。

子機と親機は無線で繋がっており、受信状態も確認できます。

親機は壁掛けにすることもできますが、棚などに置くこともできます。置く場合は、付属の棒を本体にセットします。

本体を建てるための棒は、壁掛けするときには不要です。なくさないように本体裏側に収納できます。

きっちりとはまり込むので安心です。パーツがなくならない心遣いも、老舗のメーカーだけのことはありますね。

親機、子機ともに単三電池を使用します。

子機には電池の蓋が付けられる部分にパッキンがあります。これにより、少々の雨では内部に水が浸入しないよう考えられています。

子機の下側にスリットがあります。ここで外部の空気を取り込み、温度や湿度を計測します。注意したいのは、立てて子機を置いた場合、このスリットがふさがれてしまうことです。このスリットをふさがないように設置することが大切です。

通信距離

我が家のリビングに親機を置いて、子機がどこまで離れても通信が可能なのかテストしました。

家の中より10mまでであれば、通信が届きました。12mでは届きませんでした。

平均的な家であれば、親機から子機の距離を10m以上離さずとも設置できると思います。購入するときに通信距離を気にする必要はなさそうです。

THD501使用感まとめ

室外の温度が一見してわかるのはとてもありがたいです。寒い冬の朝に、何を着ていくのか悩むことがなくなりました。

ありがたいのは、親機も子機も単三電池が使えることです。このようなワイヤレスの機器は、温湿度計に限らず水銀のボタン電池を使うことが多いのですが、この機種は単三電池です。簡単に手に入るし、使用後の保管や処分も気にする必要がありません。水銀電池は破損して漏れが起きたら危険です。気を使わない単三電池での作動がありがたいです。

ワイヤレス温湿度計は、一条工務店i-smartオーナーに大人気のこの機種がベストです。値段や機能は申し分ありません。

値段も手ごろなので、室外の温湿度も知りたい方は、ぜひ購入されることをお勧めします。