スロープを付けるときの注意点 玄関ポーチへのアプローチ

新築するとき玄関ポーチへ上がるために階段を付けることが一般的です。しかし年配の方など足腰の弱い方が、玄関ポーチまで階段を上がるのは大変なため、階段の代わりにスロープにすることがお勧めです。

しかしスロープを付けるには、あらかじめ考えておかなければならないことがあります。玄関ポーチにスロープを付けることを考えている方は、使いやすいスロープにするため、ぜひこの記事をお読みください。

玄関ポーチにスロープを付ける

年配の方が玄関ポーチに上がるときだけでなく、自転車や三輪車、ベビーカーを室内に出し入れするのにも、スロープがあると楽々できます。スロープはあるととても便利なのです。

しかし玄関ポーチまでのアプローチに階段ではなくスロープを選択することは、いろいろな前準備と知識が必要です。知らずに外構業者にスロープを依頼すると、後で後悔することにもなりかねません。

この記事ではスロープを付けるための検討項目をすべて説明していきます。

玄関ポーチにスロープを付けるための注意点

スロープの角度

スロープが急になってしまうと、とても使いにくいものになります。そのためある程度の緩斜面にする必要があります。車いすを使う場合の推奨角度は、5%です。1mに対して5cmの下がり値になります。40cmのポーチの場合、8mも必要になりますから、現実的ではありません。8%くらいならば車いすでも自力で登ることができる勾配です。8%程度を目標に勾配を付けるよう考えればいいでしょう。

しかしスロープの角度を決めるには、とても大切なことがあるのです。

土地には絶対に高低差がある

土地は平らであれば、水の流れが悪くなってしまいます。そのためどんな土地でも、家が一番高い位置にあり、外に行くにつれて低くなるようになっているのです。

すると玄関ポーチの高さだけを考えるのではなく、土地についている高低差も考えなければなりません。玄関ポーチは土地の中で最も高い位置にあり、スロープの終点である公道との接地ポイントは、最も低い位置になるのです。

それを考えると、スロープは簡単に計算できるものではなく、現場で念入りに打ち合わせを行う必要があるのです。

スロープの幅

スロープは玄関ポーチに続くものです。玄関ポーチよりも広いスロープを付けることは難しいです。スロープを付ける場合、玄関ポーチの広さをあらかじめ考慮しておく必要があります。

車いすが通れるように考えると、スロープは1mの幅が必要になります。なかなかそれだけのスペースを確保することは難しいかもしれませんが、狭すぎるスロープは大きな荷物の持込み時にも不便になります。なるべく広いスロープのスペースを取ると便利です。

しかし、外構を始めてから幅1mのスロープを付けてほしいと頼んでも、不可能なことがあります。

スロープは玄関ポーチに繋がるものであるため、玄関ポーチの幅が1mに満たない場合、1m幅のスロープは付けられないのです。

下画像では、矢印の幅が1m必要になるということです。

玄関ポーチ

とても大切なことなのですが、玄関ポーチの幅は、スロープの幅を考えて設定してください。1m幅のスロープを付ける場合は、玄関ポーチの幅も1m必要なのです。

スロープのアプローチ材

スロープのアプローチ材の種類について、しっかり考える必要があります。考えることは以下です

雨が降ってもすべりにくくしたい

階段と違い、歩く面には角度が付いています。滑りやすいと歩くのにとても危険です。タイルの場合、物によっては雨でぬれるとひどく滑ります。滑らないものを採用するようにしたいです。

敷き詰めるアプローチ材は、以下のものがあります。

  • タイル
  • 天然石
  • 人工石
  • インターロッキング

この中でおすすめは天然石のような見栄えのインターロッキングです。インターロッキングとは色の付いたコンクリート材です。

インターロッキング

荒いコンクリートのため、表面に細かな凹凸があり、雨でぬれてもまったく滑りません。タイルはおしゃれですが、滑らない加工がされたタイルは少々高いです。

値段も手ごろなインターロッキングがお勧めですが、工事業者の技術が必要なことは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

アプローチ材凹凸の状態

アプローチ材の凹凸だけでなく、継ぎ目などの仕上げも含めて、凹凸が多いと車輪のあるものが通行するときに不便です。ベビーカーや三輪車などの小径タイヤのものは、特に凹凸が多すぎて動かしにくくなります。滑りにくさを考えすぎて、アプローチ材に凹凸の多すぎるものを使わないように注意した方がいいでしょう。

玄関ポーチの角度

玄関ポーチには、水が溜まらないように傾斜が付けられています。傾斜が付いている側にスロープを付けると、スロープにも傾斜が付くことになります。

玄関ポーチ

玄関ポーチの傾斜がきついと、スロープも横方向にきつい傾斜が付くので歩きにくくなることを理解しておいてください。

スロープを付ける場合は、必要以上に玄関ポーチに傾斜を付けないようにしておく必要があります。

手すり

手すりが必要かどうかを考える必要があります。手すりがあると、便利ですがややすっきりしないイメージがあります。老人がいる場合は、安全を考えて手すりを取り付けた方がいいでしょう。

手すりの種類もいろいろあります。ただの金属パイプを曲げた物は安価ですが、真夏に直射日光が当たると暑くて持つことができません。冬には冷たくて触りたくなくなります。装飾も兼ねる樹脂製のカバーが付いている物を選ぶと安心できます。

玄関スロープ

まとめ

玄関ポーチまでのアプローチをスロープにする場合、間取りの打ち合わせ時からスロープを付けることを意識して、玄関ポーチの大きさを決めるなど、あらかじめ準備が必要です。

頑張れば頑張るだけいい家が建つのです。

家を建てようとされている方全員が、素晴らしい家を建てられたらいいですね。