手洗いカウンターは採用すべき 一条工務店トイレ 

一条工務店のトイレに付けられるオプションに、手洗いカウンターというものがあります。1.5帖のトイレ個室にできる方は、ぜひ採用してほしいオプションなのです。

この手洗いカウンターはとても設備で、我が家ではとても快適に使っています。手洗いカウンターの使用感を紹介します。

 

トイレに手洗いカウンターを

一条工務店の家で1.5帖のトイレにした場合、手洗いカウンターを付けないことはあまりないことだと思います。手洗いカウンターを付けたいから、トイレを1.5帖にすることが多いと聞きます。

手洗いカウンターはリクシルなどの物に比べて格段に安いです。しかしこの安さに惹かれて手洗いカウンターが欲しくなり、トイレを1.5帖にしてしまうと、建坪面積が増えて建築費用がかなり上がってしまいます。

一条工務店の坪単価は65万と考えると、0.5帖はその1/4の16.25万円になります。2階建で2階の床面積まで増えてしまうと、32.5万になってしまいます。安価な手洗いカウンターを付けるために0.5帖トイレの個室を大きくすると、費用が大きくアップすることも考えなければなりません。

しかし広いトイレは過ごしやすく気持ちがいいものですし、手洗いカウンターも使いやすいいい物です。トイレを1.5帖にすることが間取り上無理がなく、さらに予算にも問題がない場合は、入居後の快適な生活のためにも、ぜひトイレの個室を1.5帖にして、手洗いカウンターを付けていただきたいです。

オプションの手洗いカウンターは水が飛び散る?

間取り打ち合わせ当初は、手洗いは何を付けるのかちょっと悩みました。手を洗う時に水が飛び散ることは避けたかったのです。オプションで壁に付ける手洗いは、かなり小さくてTOTOやリクシルのショールームで確認しても、普通に手を洗っても水が飛び散ってしまいそうでした。

一条工務店オプションの手洗いカウンターについては、多少は水が飛び散るという情報もありました。リクシルやTOTOのショールームに行って手洗いカウンターを見て回りましたが、値段がとても高い。そして一条工務店オプションの手洗いカウンターと比べて、値段の違いほどにクオリティーが変わるとも思えませんでした。

そんな経緯で、結局は一条工務店オプションの手洗いカウンターを採用したのですが、これは大正解でした。

一条工務店オプションの手洗いカウンターの手洗いは、大型のボウルが付いています。寸法は横約410mm、縦約330mm、深さは約110mmです。

トイレの手洗い

使ってみても、よほどのことがない限り水が飛び散ることはありません。いや、まったく飛び散ることがないのです。

最も心配していた水の飛び散りがないことで、手洗いカウンターを採用したことは大正解だったと思っています。

ただしやり方によっては手洗い時に水が飛び散ります。飛び散らない方法については、水栓のところで説明します。

手洗いカウンターの収納力

奥側の収納部

奥側の扉を開けると収納部があります。

白い収納扉

寸法は上段は縦273mm、横450mm、奥行き280mmで、下段は縦280mm、横450mm、奥行280mmです。

トイレットペーパーの入った棚

上段も下段も、大型のトイレットペーパーが12巻入ります。普通のトイレットペーパーだと16巻入ります。ワンパック買ってきても余裕で収納できます。

 

手洗いの下

白い収納扉

手洗いの下は、配管がありますが、かなりの空きスペースができています。ここに掃除用具を入れることがベストと考えます。

 

手洗い下の配管

寸法は縦575mm、横450mm、奥行き280mmですが、配管があるので大きなものは入れられません。

 

手洗いカウンター中央の収納部

センターのパネルを押すと、収納部が飛び出してきます。ここにも物が入れられます。

ペーパーホルダー 白い引き出し

寸法は縦130mm、横450mm、奥行き225mmです。引き出しの高さは225mmですが、270mmまでの高さの物なら、立てて収納できます。

引き出し式のため、物が入れやすく使い勝手はいいです。

手洗いカウンター奥側の空きスペース

手洗いカウンターは、奥側に空きスペースがあります。

カウンター下の空きスペース

普通の方はこの空きスペースを見ると、どうしてこの部分を開けないで、カウンターの収納部を伸ばさないのか不思議に思うでしょう。しかしこの空きスペースは必要なもののようです。

このスペースは、「パイプスペース」のためにあると考えます。パイプスペースとは、水の通る配管のためのスペースです。二階に洗面台やトイレがあった場合、そこで使った水は一階に流さなければなりません。必ずパイプスペースが必要になります。

一階と二階のトイレ位置はほとんど同じ場所になるように設計されることが多く、パイプスペースもトイレに付けることが多いのです。そのため手洗いカウンターの収納部を短くして、パイプスペースが来ても対応できるように開けてあるのです。パイプスペースがトイレに付けられない家では、手洗いカウンターの奥側には空きスペースができるのです。

ここに掃除道具を置く方が多いようです。我が家では何も置いていません。余裕ができたら活用方法を考えたいと思っています。

手洗いカウンターに付けた水栓

水栓は、センサー式のタッチレス水栓を付けました。カクダイ 能 センサー水栓 トール 713-321です。

トイレ水栓

この水栓、とてもおしゃれだと思いませんか。手洗いカウンターにぴったりマッチしています。

汚れた手で蛇口を触りたくないのでこの水栓を付けました。

この水栓の水を調整すると、手洗いカウンターのボウルから水が飛び散らなくなります。

手洗いの下にあるバルブを調整するだけです。

手洗い下の配管 水量調節バルブ

上画像の水量調節バルブを調整することで、水の量を調整できます。我が家では入居時には水量がほぼMAXになっていて、手を洗うと水が飛び散っていました。しかしここを調整して水量を絞ったことで、今ではまったく水の飛び散りがなく快適に使えています。ちょっと水量を絞れば、水の飛び散りもなく、水が少なくて手が洗いにくくもならないように調整できます。

手洗いのボウルを掃除するとき、洗剤を付けて汚れを落としているときに、センサーが反応して水が出てしまい、洗剤が洗い流されるという心配をされる方がいるかもしれませんが、この水量調整バルブを閉めることで、掃除中に誤って水が出ることを防止できます。水量調節バルブは手の届きやすい位置についているため、気楽に水量を調整できます。

手洗いカウンターの上

カウンターは人造大理石です。硬いですが、まったく傷が付かないわけではありません。あまり硬いものを乗せて引きずると、傷が付くので注意が必要です。

今のところ適当に置物が乗せてありますが、もう少し何を置くのか考えたいと思っています。

カウンター上の置物

手洗いカウンターまとめ

手洗いカウンターは、機能的にも外観的にも、充分なものだと感じています。値段的には87,000円と他メーカーの物と比べて安価なので、リクシルなどの数倍する物に比べたらややチープに感じるかもしれませんが、気にするレベルではなく充分なものです。

採用して後悔することはないでしょう。