ハウスメーカー選び  一条工務店を選ぶべき人 家を建てた後の満足感


一条工務店のi-smartを建てて満足できるのはどのような人なのでしょうか? 

家づくりのための打ち合わせをしている最中や、建設途中、そして入居後に、ハウスメーカー選びを間違えたと感じてしまうと、満足感もなくなってしまいます。

私は一条工務店のi-smartを建てましたが、まだ今でもこの家を建てたことに大満足しています。


しかし人によって評価は違うでしょう。


どのような考えの人が、一条工務店で家を建て満足できるのか考えてみました。

一条工務店で家を建てた満足感


外観が満足できること


私が最初のポイントと考えるのは、i-smartの外観に満足できるかどうかだと思っています。


一条工務店のi-smartの外観は、人によっては「一目で一条工務店の家だとわかる」「どの家もみんな同じに見える」などと言われることがあります。
このような意見を少しでももつ方は、満足感も薄くなってしまうかもしれません。

一戸建て正面から

上画像の外観を見て、こんな外観の家は嫌だと考えた方は、要注意です! 一条工務店のi-smartは選ばないほうがいいかもしれません。

私は家の外観にあまりこだわらないタイプの人間です。

家の外観を見ながら暮らすのではなく、家の中で暮らすのです。自分の家の外観を見ることなんて、通常は帰宅時のわずかの間だけです。たとえ気に入らない外観だったとしても、毎日ほんのわずかの時間だけ我慢すればいいのです。

ハウスメーカーを選ぶ際も、外観はまったく比較検討しませんでした。このようなタイプの人は、性能と価格でハウスメーカーを選ぶといいでしょう。

大切なことを書き忘れていました。ここまで書くと私が一条工務店のi-smartの外観があまり気に入っていないと思われるかもしれませんが、そんなことはまったくありません。

私はi-smartの外観はとても気に入っています。

外観に満足できることは、重要な要素です。

内装が満足できること


一条工務店の家は、凝った内装を作りにくいです。

LDK


例えば住友林業の家は、間接照明を使ったとてもおしゃれな部屋を作ることもできます。しかし一条工務店で住友林業のような凝った室内にすることはできません。
おしゃれな家に住みたいと考える方は多く、性能よりもおしゃれさを取って一条工務店よりも他で家を建てる人も当然います。


地元の工務店の方が、柔軟に凝った内装の家を作ることができることも多いです。


一条工務店で家を建てる場合は、住宅展示場に出向いて、どのような内装の家が作れるのか、確認しておくといいでしょう。

性能が大好きで正しい判断力があること

気密性について

気密性、断熱性などが優れている家に住みたい方は、一条工務店で家を建てると満足できることは間違いありません。

しかしこれも人を選びます。それは中堅のハウスメーカーでも、一条工務店以上の気密性を謳うところが増えており、安くて同等の性能の家が建つのなら、一条工務店でなくてもよかったと後々考えることで、満足感が薄れる可能性があるからです。

この章のタイトルは「正しい判断力があること」としています。その理由は、正しい判断力を持った目で性能を比較したら、一条工務店に他のハウスメーカーはなかなか勝てないと思っているからです。

中堅ハウスメーカーが気密性は一条工務店以上だというのは、気密テープで隙間をふさいでいることがほとんどです。このことについては以下のリンク先に記事がありますので、興味のある方はご覧ください。

https://www.runtomo.info/2018/09/15/kimituseitaikan/

気密性はテープを貼ることでいくらでも上げることができます。テープにより得られた気密性では、家が高性能だと言えません。

窓について

窓ガラスについては、ハウスメーカーの標準仕様の窓の中で、一条工務店の窓は特別高い性能を有しています。

中堅どころのハウスメーカーでも、「一条工務店の使っている窓ガラスと同じ物を付けることができる」というアピールをしている団体もあります。

しかし本当に同等のものであるはずがありません。一条工務店の窓は自社製造しており、他のハウスメーカーに提供していないのです。

一条工務店の窓と同程度の性能の窓はもちろん国内の窓メーカーにより作られています。
本当にそのような窓を採用しているのか、熱貫通率などの数値をしっかり提示してもらうべきです。

注意しなければならないのは、高性能の窓を使うと費用が跳ね上がってしまうこともあります。高性能の窓が付けることはできると説明して契約を結ばせ、付ける場合は価格が跳ね上がると後から説明されたのでは、困ってしまいますよね。

一条工務店は自社製品の窓を使っているため、高性能の窓がすべて標準で付けられることを忘れてはいけません。

以上の理由で、気密性や断熱性については、中堅どころのハウスメーカーでは太刀打ちできないことがほとんどです。

しっかり調査して一条工務店の家の性能が高いことを判断できる人ならば、一条工務店の家に住めば高い満足感を得られるでしょう。

冬の生活

一条工務店の家は本当に暖かいです。床暖房を入れて家の中の暖かさを体験したら、絶対に満足すると思います。

ただし電気代がどのくらいかかるかで、満足感も変わって来るでしょう。

思ったよりも電気代がかからず暖かい生活ができれば満足感も高くなるでしょうし、予想よりも電気代が掛かれば、満足感も薄れてしまうでしょう。

我が家では一ヶ月の電気代が、1月の最も高くなった時でも月に12,879円でした。オール電化で床暖房を付けてこの値段なら、私はとても安いと思っています。

冬に床暖房を付けた生活を味わえば、誰もが満足するのではないでしょうか。

まとめ

私は一条工務店で家を建てましたが、満足感は人によって違います。

ここで紹介した項目を考えて、一条工務店の家に魅力を感じたら、契約することを一度考えてみるといいと思います。

ただし金銭的な面もありますし、性能だけではな部分で、他のハウスメーカーのほうが好みの方もいると思います。

とても高い大切な買い物です。慎重に判断して、自分に合ったハウスメーカーを選んでくださいね。