廊下が広い家は快適 住んでわかった広さのゆとり

新築で建てた家は、二階の廊下を広くしました。

1マスの廊下が一般的ですが1.5マスの廊下を付けました。

これがとても快適なのです。

 

廊下幅の実測値

廊下は間取り図面上で1マス(910mm)を確保しても、実際はその幅より狭くなります。

理由は、間取り図面は壁の中心から中心の寸法を示しており、1マスの幅を確保しても、壁の厚み分は幅が狭くなるからです。

我が家では一階に一帖のホール(廊下)を付けてありますが、1マスの幅は実測でになっています。

建ててもらうハウスメーカーによって若干の違いはあるでしょうが、一般的には我が家とあまり変わらない幅になると考えられます。

二階の廊下は1.5マスの幅ですが、実測で844mmになります。

広い廊下の幅の利点

廊下の幅が広いことは、多くのメリットがあります。

人とすれ違いやすいことはもちろんですが、狭い廊下だと、ただの通路というイメージになります。

私の実家が1マスの廊下で狭いのですが、ただの通路であり、それ以外には機能はないと思っていました。

しかし1.5マスの廊下だと生活する空間というイメージになります。

例えば一時的に物を置いておく場所に使えます。大き目の段ボールを置いたままにしておいても、横を楽々通ることができます。

また、壁に装飾を施しても、それを見るだけの余裕があります。

狭い廊下では絵を飾ったとしても、それを見るだけ幅がありません。絵を飾ろうと考えることはまずないでしょう。

しかし1.5マスの幅があると、大きめの絵を飾っても、それを鑑賞できる広さがあるのです。

これは実際に、広い廊下の家に住まないとわからないことです。我が家では廊下に絵を飾ることが前提でしたが、実際に1.5マスの廊下がある家を見たことがないので、本当に絵を見られる広さなのかがわかりませんでした。しかし実際に住んでみて言えることは、1.5マスの廊下にすれば、絵を飾っても立派に鑑賞できます。それだけの広さがあるのです。

廊下が広いと心にゆとりが持てる

二階に上がって廊下が広いことは、床が両側から迫ってくる圧迫感がなく、気持ち的に爽快です。

我が家では広めの階段を付けました。そこから二階に上がると広い廊下があります。この組み合わせは、一切の圧迫感がないすばらしいものです。

屋根裏収納の階段を下ろしても、横を通ることができる

二階廊下の天井には、屋根裏収納の入り口があります。天井を開けて折り畳み階段を下ろして使います。

もし1マスの廊下であれば、階段を下ろしたら階段で廊下の幅をすべて使い切ってしまい、人が通ることができません。

奥に部屋がある場合に、階段を使っていると、通るたびに階段を収納しなければならないのです。これはとても面倒なはずです。

しかし廊下が広いと、屋根裏収納への階段を下ろしっぱなしでも、楽々横を通ることができます。廊下天井に屋根裏収納の折り畳み階段がある場合は、廊下を広くすることをお勧めします。

広い廊下のデメリット

廊下を広くすると、他の部屋が狭くなります。上記のメリットがあるとわかっていても、部屋の広さや収納の広さを優先される方が多いでしょう。

我が家でもその点はよく考えました。

そして結果的に、部屋を狭くして廊下を広くすることにしました。

部屋を狭くする理由は、家族は起きている間はほとんどリビングにいて、寝る時だけ部屋に行くという考えがあることがわかったからです。

確かに、リビングが快適であれば、わざわざ自分の部屋に引き込む必要もありません。

我が家の間取りだと、廊下が広くなって変わるのは、主寝室とウォークインクローゼットです。子供部屋の広さは変わりません。

それであれば、主寝室を無駄に広くするよりも、廊下を広くした方が快適だと考えたのです。

このように考えると、我が家では廊下を広くするデメリットはなくなりました。

ただし、建坪面積が増えるとか、子供部屋まで極端に狭くなるなどのことがあれば、廊下を狭くしたかもしれません。あくまで我が家の間取り上では、廊下を広くする方がメリットを感じられたということです。

まとめ

廊下は絶対に広い方が快適です。しかし廊下を広くすると、大切な居住空間を狭くするか、建坪面積が増えてしまいます。

この記事を書いた理由は、1.5マスにした家に実際に住んで、どのようなメリットを伝えるかを目的としています。

廊下の広さを一度も検討しないのではなく、この記事に書かれたメリットもあると理解した上で、一度は広い廊下にすることを考えていただけたらうれしいです。