【新築】家を建てようと考えたら行うべきこと

念願のマイホームを建てようと考えたとき、何から行うのかわからないことがありませんか? 最初にどのような行動をとるべきなのでしょうか?

まず行動を起こすとすると、知り合いの工務店に行って話をするとか、ハウスメーカーの展示場に行くなどをされる方が多いのではないでしょうか。

しかしやり方が良くないと、効率的に行動できないばかりか、自分が理想としている施工業者に出会えないこともあります。

マイホームを手に入れたいと考えるようになったら、何から始めればいいのか、まとめてみました。

家づくりを考えた時に行うこと

家だけに掛けられる予算を冷静に考える

現在の貯蓄や年収を元に、どのくらいの住宅が建てられるのか考えます。

しかし土地を買う場合、その費用も考えなければなりません。

それらを計算して、家本体にだけ掛けられるお金が、おおよそ決まってから、どこに頼んで家を建ててもらうかを考えます。

先に憧れのハウスメーカーとコンタクトを取って契約前に打ち合わせなどをしても、おおよその総予算を聞いて、諦めざるを得ないこともあります。その場合、展示場を回って話を聞くなどした時間が無駄になります。

最初に高級な家の展示場を見てしまうと、レベルダウンした家が物足りなくなってしまうこともあります。

有名ハウスメーカーの展示場を訪問する前に、家だけに掛けられる費用をしっかり考えてください。

うわさに聞いた話ですが、某有名ハウスメーカーでは、展示場に入るととても好意的に接してきますが、お金がないとわかった時点で、そっけない態度に変わってとても嫌な思いをした人の話を聞いたことがあります。そのような思いをしないためにも、家にかけられる費用は先に把握しておきましょう。

高くて小さな家か、安くて大きな家か?

高い家を建てる場合、お金がなければ建坪面積が狭くなる、つまり小さな家になってしまいます。しかし安い価格で家が建てば、大きな家を建てることができます。

どちらが重要か考えてください。高級な家を建てても、狭くて不自由に感じることがあります。

ローコストハウスメーカーと工務店

家を建てる価格を抑えようと考える方は、ローコストハウスメーカーと、地元の工務店のどちらがいいのか考える必要があります。

大手ハウスメーカーは広告や展示場の維持費などで余計なコストがかかっているため、それらが一切かかっていない地元の工務店で家を建てたほうが、安く上がることがあります。

しかし材料の大量購入で単価を下げられるなどの理由で、大手のローコストハウスメーカーも地元の工務店に負けないくらい、坪単価が安いところもあります。

この二つのどちらを選ぶかは、人によって価値観が違うため、判断が難しいこともあるでしょう。

※私はハウスメーカーで家を建てました。工務店でなくハウスメーカーを選んだ理由を記事にする予定です。興味のある方は、記事がアップされたらぜひお読みください。

ここまでのまとめ

・家本体にかけられる費用を考える

・予算の中で、高くて小さい家にするか、安くて大きい家にするか考える

・高いハウスメーカーで立てられない場合、ローコストハウスメーカーを選ぶか、それとも地元の工務店にするか考える。

ひとことで言うと、家の大きさを考え、どこと契約するのかも考えると、なかなか一つの業者に絞れないことにもなるかもしれません。

考えがまとまらない方へ!

どのハウスメーカーがいいのか、なかなか考えがまとまらない方もいるでしょう。考えがまとまらないまま地元の工務店に行くと、想像以上に安いプランを提案されて、あっさりそこに決めてしまうことがあります。

また、最初に入ったハウスメーカーの展示場で、営業トークに魅了されて、契約する気持ちが芽生えることもあります。

その流れのままに契約した場合、契約時はベストだと思っていても、多くのハウスメーカーや工務店と見比べて検討したわけではないため、契約後に後悔することがあるのです。

安いと思っていた価格も、他のハウスメーカーの価格を調べたらもっと安かったとか、同じ坪単価でも自分の家よりもっと高級な設備を入れることができたなどのことを、後から知ることがあります。それを契約後に知ってしまうと、もっと他の業者の意見も聞いてみればよかったと思うことは当然です。

後悔しないためにも、家を建てると決めてすぐに、工務店やハウスメーカーの展示場に出向いて話をする前に、家についての基本的な情報をあらかじめ集めておくことが大切です。

私は家を建てる時、それらの情報をしっかりと調べていたため、ハウスメーカー選びはあまり苦労しませんでした。

しかし家の情報を調べるのは面倒ですし、調べる時間もない方は、せめてカタログだけでも取り寄せて、各ハウスメーカーのイメージを膨らませておくことも大切です。

地元の工務店で家を建てたいと考えている方も、ハウスメーカーのカタログをもらうことは重要です。カタログは家のイメージを正確に伝え、性能や機能などもわかりやすく説明されています。家の基本的な知識を得ることが可能なのです。その知識があると、地元の工務店と話をするときもとても役に立つのです。

タウンライフ家づくりを活用しよう

家についてはまったく知識がない方が行う第一歩として、タウンライフ家づくりのサービスを利用することをお勧めします。

タインライフ家づくりは、複数のハウスメーカーからカタログが無料でもらえます。それを読んで家の知識を増やし、新築のイメージを膨らませることができます。

カタログがもらえるだけでなく、カタログをもらえたハウスメーカーに、無料で間取りプランも作成してもらえるのです。

間取り作成ももちろん無料です。

冒頭で家本体にだけ掛けられる費用を考えることが最優先だと紹介しました。タウンライフ家づくりでは、資金計画も作ってもらえますので、自分の用意できる資金の中で、どの規模の家が建てられるのかも知ることができます。

これらすべてのサービスが、完全無料で利用できるのです。

入力もわずか数分で完了するほど簡単です。

他にもハウスメーカーに一括して資料を請求できるサービスはありますが、間取りプランや資金計画、土地提案までしてくれるサービスは、タウンライフ家づくりしかありません。

▷ タウンライフ家づくりを利用してみる

タウンライフ家づくりの注意点

勧誘の電話がかかってきて困ったとか、直接営業の方に訪問を受けて不快だったとの情報が、インターネット上で見られます。

しかし実際に使った人に話を聞いてみても、しつこい電話が掛かってくることはなかったとのことでした。

また、送られてきたプランがあまりよくなかったということもあるようですが、これは土地の形などをしっかりと伝えていないことによるものが多いようです。

土地情報を入力する欄がありますので、しっかりと入力してください。また、敷地図・土地図面の添付ができます。これらをしっかり行うことで、的確な間取りプランを作成してもらえる確率が上がるはずです。

まとめ

新築するためには、家について知ることが大切です。無料で使えるサービスは、どんどん使ってしまいましょう。たとえタウンライフ家づくりでハウスメーカーが決まらなくても、家づくりの知識も増えますから、その後のハウスメーカー探しにとても役立ってくれるでしょう。

▷ タウンライフ家づくりを利用してみる