広めのトイレにすることをおススメ 気持ちいい空間ができます

トイレの個室は広めにしてみました。広いトイレの方が開放感があって気持ちいい半面、広くした分だけ建坪面積も上がります。

建坪面積が上がることによる建築費用の増加があっても、広いトイレにすることは価値のあることだったと思っています。

我が家のトイレ

我が家は一条工務店i-smartの家です。

一条工務店では1帖と1.5帖のトイレが選べますが、我が家の一階のトイレは手洗いカウンターを付けた1.5帖の広さです。

手洗いカウンターが付くので、床だけの広さは一帖のトイレとほとんど変わりません。

床の広さは1帖ですが、カウンターの上が0.5帖ほどあるだけで、とても広く感じます。

1.5帖のトイレ

トイレの個室の広さを1.5帖にした理由は、手洗いカウンターを付けたかったからです。手洗いカウンターを付けると、トイレ個室の広さが1.5帖になるのです。

タンクレストイレを付けることにしたのですが、その場合、手洗いを付けないと手が洗えません。

しかし壁に付けるトイレ用の手洗いは、水受けが小さくて、使いにくいのではないかと考えました。

二階のトイレならば、補助的な役割のトイレという認識のため、少々の使いにくさは我慢できます。

一階にあるメインで使うトイレの手洗いが小さくて使いにくいものでは、ストレスが溜まりそうでした。それを避けるために、大きめのボウルのついた手洗いカウンターを採用したいと考えたのです。

トイレを広くした感想

ひとことで言えばこの記事のタイトル通り、広いことで開放感を感じられ、とても気持ちがいいです。

我が家では二階が1帖のトイレですが、やはり閉塞感があって、長くそこにいたくないというイメージがあります。

しかし一階のトイレは、そのような気持ちを持つことがまったくありません。

1帖のトイレ個室が用を足すだけの空間であるのに対し、1.5帖のトイレは、用を足したらすぐに出るのではなく、そこにずっといても構わないと思える感じです。スマートホンを持ってトイレに入った時、スマートホンの操作に夢中になってそのままトイレに居座ってしまうことが多く、私も妻もトイレで過ごす時間がとても長くなっています。

手洗いカウンターの上に物が置けます。我が家では置物や観葉植物を置いてあるので、視覚的にも楽しめます。

家の大きさとトイレの広さ

新築の打ち合わせをしている頃のことです。インターネットでトイレの広さについて情報を集めていました。

その中に、気になるものがありました。家が大きいのにトイレが狭いと、お金をケチったと思えてしまうというものです。

確かにそうですね。

我が家は特に大きな家ではないかもしれませんが、LDKは20帖ほどあります。そこから入るトイレが狭いと、みすぼらしく見えしまうのかもしれません。

我が家では最初から一階のトイレは1.5帖でしたから、家族も来客者も違和感を持つことはなかったと思います。しかしもし1帖のトイレだったら、狭いと思う気持ちが湧き出ていたかもしれません。

建築費用が増えてもトイレを広くするべきか?

トイレの個室を1帖から1.5帖にする場合、0.5畳分、床面積が広くなります。

例えば坪60万の家の場合、0.5帖増えると15万、費用が上がってしまいます。総二階の場合などは二階の床面積も広がるため、トータルで30万の費用が掛かってしまいます。

この価値があるかどうかは、人それぞれなのでしっかり考える必要があります。

しかし空間のゆとりは、何にも代えられない大切なものだと実感しています。

落ち着いていられる空間を作ることは、家づくりで何よりも大切ではないでしょうか。

入居して生活してはっきり言い切れることは、1.5帖のトイレにしたのは正解だったということです。

建築費用が増えても、価値のあるものだったと実感しています。

我が家のトイレ紹介

我が家のトイレを少しだけ紹介しておきます。

手洗いカウンター

手洗いカウンターの上には物が置けます。先ほど書いたとおり、ちょっと大きめの観葉植物(本物ではありません)を置いてあります。

植物があると心が和みますね。

手洗いカウンターの水栓は、センサー式です。水栓に手を近づけると、自動で水が出るものです。一条工務店のオプション一覧には載っていませんが、お願いすれば付けてもらうことが可能です。

鉢植えの植物
鉢植えの植物

トイレ便器

トイレの便器はタンクレストイレのアラウーノタイプ1です。

アラウーノタイプ1

パナソニックトイレでは最上級の物を選びました。汚れが付きにくく快適です。

床材はクッションフロアです。

トイレのクッションフロア

豪華にしたいのであれば、床材をフローリングにすることがお勧めです。しかし我が家では手入れの簡単なクッションフロアにしました。

個人的な感想ですが、これが大正解でした。

我が家では今、子育てでてんやわんやの常態です。この状態でトイレの掃除に手間が掛かったらたまりません。手入れの簡単なクッションフロアは最高です。

拭き掃除をすることはほとんどなく、水が飛び散っても拭き取る必要もなくそのままです。

ちなみに我が家では男もトイレでは、座って用を足しています。

壁紙

白系の高耐久の物を選びました。白系の物にするとトイレを明るくしてくれるのでお勧めです。

白い壁紙

照明の影響で黄色く見えますが、実際は真っ白の壁紙です。

まとめ

トイレは手洗いカウンターを付けたことも、自動水栓にしたことも、貼った壁紙もすべて満足しており、とてもお気に入りの空間です。

ただ用を足すだけでなく、滞在したいと思える空間にすると、とても快適で気持ちがいいですよ。